穴穂部間人皇女(読み)あなほべのはしひとのこうじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのこうじょ)
あなほべのはしひとのこうじょ
(?―621)

欽明(きんめい)天皇の女(むすめ)。母は蘇我稲目(そがのいなめ)の女小姉君。586年用明(ようめい)天皇の皇后となり、4人の皇子を生んだ。長男が厩戸(うまやど)皇子、すなわち聖徳太子である。ほかに来目(くめ)皇子、殖栗(えくり)皇子、茨田(まんた)皇子がいる。621年(推古天皇29)12月21日に亡くなったことは『日本書紀』には記載されていないが、『上宮聖徳法王帝説』や法隆寺金堂釈迦(しゃか)三尊光背などでわかる。鬼前(かんざき)太后ともいった。[横田健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android