竜田道(読み)たったみち

世界大百科事典 第2版の解説

たったみち【竜田道】

奈良県三郷町立野に所在する竜田大社背後の山(竜田山)を越える道で,大和河内を結ぶ古道の一つ。天武朝にはすでに利用されていたらしく,壬申のの記事中に,大伴吹負竜田へ派遣したことが見え,また,679年(天武8)11月には,大坂山と竜田山にが設置されている。《日本書紀》の神武東征伝承や履中即位前紀にも,竜田山が見えるが,竜田道を念頭に置いて潤色された記事であろう。奈良時代には,平城京と難波を結ぶ官道として頻繁に利用されたらしく,《万葉集》には竜田山(立田山)を詠んだ歌が数多く見えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android