コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜田道 たったみち

1件 の用語解説(竜田道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たったみち【竜田道】

奈良県三郷町立野に所在する竜田大社の背後の山(竜田山)を越える道で,大和と河内を結ぶ古道の一つ。天武朝にはすでに利用されていたらしく,壬申の乱の記事中に,大伴吹負が兵を竜田へ派遣したことが見え,また,679年(天武8)11月には,大坂山と竜田山に関が設置されている。《日本書紀》の神武東征伝承や履中即位前紀にも,竜田山が見えるが,竜田道を念頭に置いて潤色された記事であろう。奈良時代には,平城京と難波を結ぶ官道として頻繁に利用されたらしく,《万葉集》には竜田山(立田山)を詠んだ歌が数多く見えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜田道の関連キーワード竜田竜田大社広瀬神社天御柱神風の神祭国御柱神竜田彦竜田山竜田姫美濃王

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone