コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑鳩宮 いかるがのみや

5件 の用語解説(斑鳩宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斑鳩宮
いかるがのみや

聖徳太子の宮殿。『日本書紀』には,推古9 (601) 年に着工,同 13年,ここに移住されたとある。この地はおそらく妃膳氏 (かしわでうじ) の本居であったのであろう。現在の法隆寺東院のあたりといわれ,飛鳥文化の中心地であったと思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いかるが‐の‐みや【斑鳩宮】

推古天皇9年(601)に、聖徳太子が造営した宮殿。奈良県生駒郡斑鳩町にある法隆寺の東院がその跡といわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

斑鳩宮【いかるがのみや】

聖徳太子やその子山背大兄(やましろのおおえ)王らの住んだ宮。太子が601年造営開始,605年太子移住,643年山背大兄王自殺の際に焼亡。跡は現在の法隆寺東院付近と推定され,発掘した結果,掘立柱穴や井戸跡などが認められた。
→関連項目斑鳩[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いかるがのみや【斑鳩宮】

聖徳太子が斑鳩に建立した宮。601年に造営をはじめる。太子没後、子の山背大兄王やましろおおえのおうが居住したが、643年蘇我入鹿そがのいるかに攻められ、自殺する際に焼失した。宮址は、現在の法隆寺東院の地といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斑鳩宮
いかるがのみや

聖徳太子が601年(推古天皇9)斑鳩(奈良県生駒(いこま)郡斑鳩町)に営んだ宮室。643年(皇極天皇2)蘇我入鹿(そがのいるか)の兵によって焼き払われ、いったん逃れた太子の長子山背大兄王(やましろのおおえのおう)も一族とともに法隆寺で自殺した。『法隆寺東院縁起』によれば、739年(天平11)行信僧都(ぎょうしんそうず)の奏上によって宮跡に東院伽藍(がらん)がつくられた。1939年(昭和14)東院の修理工事に際してその地下から発見された一群の掘立て柱建物は、焼け瓦(がわら)、焼け壁土、灰などを伴っていて、斑鳩宮の一部であると推定されている。[中尾芳治]
『浅野清著『古寺解体』(1969・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の斑鳩宮の言及

【斑鳩[町]】より

…奈良盆地の中西部から矢田丘陵の南半部を占める。町名は聖徳太子によって造営された斑鳩宮に由来する。町の中央部に位置する法隆寺は,現存する世界最古の木造建築として有名で,日本の古代美術の宝庫である。…

【住居】より


[飛鳥・奈良時代]
 この時代の住居資料も多くは発掘調査によっている。法隆寺東院の地下で発見された斑鳩宮(いかるがのみや)の遺跡は,掘立柱を用いた数棟の建物が計画的に配置され,整った外観を示していたものと思われる。 平城京跡からも住居の遺跡が数多く発見されている。…

【法隆寺】より

… 西院伽藍の東方に隣接する東院伽藍は上宮王院といい,八角円堂の夢殿と伝法堂・絵殿・舎利殿よりなる。夢殿は,643年(皇極2)蘇我入鹿の手により焼亡した太子の斑鳩宮(いかるがのみや)跡に,739年(天平11)僧行信により造営され,北魏様式の救世観音像を安置してあることにより著名である。夢殿の背後には馬道を中央にして二つに区別された舎利殿と絵殿がある。…

【夢殿】より

…法隆寺東院の中心にある堂。東院伽藍は聖徳太子の斑鳩宮(いかるがのみや)のあった所で,太子一族滅亡の後荒廃していたのを,738年(天平10)ころ行信が造営した。夢殿の名は,斑鳩宮に同名の建物があり,聖徳太子が時々その中にこもり政事や仏教に思いをめぐらせたが,そのとき金人(仏像)が現れて妙義を告げたという伝説にもとづく。…

※「斑鳩宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斑鳩宮の関連キーワード阿佐太子聖徳太子伝暦太子講聖徳太子上宮聖徳太子伝補闕記聖徳太子伝私記太子信仰《聖徳太子講讃図》《聖徳太子未来記》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斑鳩宮の関連情報