コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本住太夫(初代) たけもと すみたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本住太夫(初代) たけもと-すみたゆう

?-1810 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。2代竹本政太夫(まさたゆう)の門弟で,宝暦7年京都で初舞台江戸で活躍し,石町(こくちょう)住太夫とよばれた。住太夫風の浄瑠璃創始,「長局」「志渡寺(しどうじ)」などで評判となった。文化7年3月19日死去。摂津住吉(大阪府)出身。姓は田中。通称は丸屋文蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竹本住太夫(初代)

没年:文化7.3.20(1810.4.23)
生年:生年不詳
江戸中・後期の義太夫節の太夫。摂津住吉(大阪市)の人で,それに因んだ名。本名田中文蔵。2代目竹本政太夫の門弟。宝暦6(1756)年に京都で初出座。明和3(1766)年には人形浄瑠璃の大坂竹本座に出座。一時江戸へ下って日本橋に住み,石町の住太夫と呼ばれる。天明3(1783)年の江戸土産「加々見山旧錦絵」の「長局の段」,8年には江戸での「花上野誉の石碑」の「志渡寺の段」,寛政期三都での「仮名手本忠臣蔵」の「判官切腹の段」などが好評。歌う風潮を廃し,詰めた言い方で語り物の本質を追求したといい,その語り口は「住太夫風」といわれ,現在も「長局」「志渡寺」,「伊賀越道中双六」の「岡崎」に伝わる。名跡は7代におよび,昭和期の6,7代目は重要無形文化財

(高木浩志)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

竹本住太夫(初代)の関連キーワード竹本 津賀太夫(5代目)竹本 大嶋太夫(3代目)野沢 喜左衛門(3代目)野沢 喜左衛門(2代目)竹本 住太夫(6代目)竹本 住太夫(4代目)竹本筆太夫(2代)竹本染太夫(9代)竹本住大夫(7代)豊竹島太夫(5代)鶴沢勝七(2代)9月11日鶴沢 藤蔵三和会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android