コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本住太夫(初代) たけもと すみたゆう

2件 の用語解説(竹本住太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本住太夫(初代) たけもと-すみたゆう

?-1810 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節。2代竹本政太夫(まさたゆう)の門弟で,宝暦7年京都で初舞台。江戸で活躍し,石町(こくちょう)住太夫とよばれた。住太夫風の浄瑠璃を創始,「長局」「志渡寺(しどうじ)」などで評判となった。文化7年3月19日死去。摂津住吉(大阪府)出身。姓は田中。通称は丸屋文蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹本住太夫(初代)

没年:文化7.3.20(1810.4.23)
生年:生年不詳
江戸中・後期の義太夫節の太夫。摂津住吉(大阪市)の人で,それに因んだ名。本名田中文蔵。2代目竹本政太夫の門弟。宝暦6(1756)年に京都で初出座。明和3(1766)年には人形浄瑠璃の大坂竹本座に出座。一時江戸へ下って日本橋に住み,石町の住太夫と呼ばれる。天明3(1783)年の江戸土産「加々見山旧錦絵」の「長局の段」,8年には江戸での「花上野誉の石碑」の「志渡寺の段」,寛政期三都での「仮名手本忠臣蔵」の「判官切腹の段」などが好評。歌う風潮を廃し,詰めた言い方で語り物の本質を追求したといい,その語り口は「住太夫風」といわれ,現在も「長局」「志渡寺」,「伊賀越道中双六」の「岡崎」に伝わる。名跡は7代におよび,昭和期の6,7代目は重要無形文化財

(高木浩志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹本住太夫(初代)の関連キーワード半太夫節娘義太夫江戸半太夫義太夫三味線義太夫本竹本越路太夫竹本組太夫(3代)豊竹此太夫(5代)豊竹駒太夫(4代)豊竹島太夫(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone