竹本長門太夫(3世)(読み)たけもとながとだゆう[さんせい]

  • さんせい
  • たけもとながとだゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]寛政12 (1800). 大坂
[没]元治1 (1864)
義太夫節の太夫。本名伝治郎。大坂の生まれ。最初 4世竹本綱太夫の弟子となって竹本菊太夫を名のり,のちに 4世竹本染太夫に入門し,竹本実太夫を名のる。文政6(1823)年,文楽軒の芝居に初出座の際,3世竹本長門太夫を襲名するが,天保14(1843)年以降は長登太夫と改名する。武道からチャリ(→ちゃり)にいたるまですべてをこなす名人で,安政2(1855)年に紋下(櫓下)に就任,河堀の大師匠と呼ばれた。若き 2世豊沢団平を相三味線に抜擢したほか,多くの弟子を育て,文楽座を明治以降の人形浄瑠璃界の主流となしただけでなく,近世から近代への変化にも耐えて存続し続ける礎をつくった。(→浄瑠璃文楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android