コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本長門太夫(3世) たけもとながとだゆうさんせい

1件 の用語解説(竹本長門太夫(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本長門太夫(3世)
たけもとながとだゆうさんせい

[生]寛政12 (1800). 大坂
[没]元治1 (1864)
義太夫節の太夫。本名伝治郎。大坂の生まれ。最初 4世竹本綱太夫の弟子となって竹本菊太夫を名のり,のちに 4世竹本染太夫に入門し,竹本実太夫を名のる。文政6(1823)年,文楽軒の芝居に初出座の際,3世竹本長門太夫を襲名するが,天保14(1843)年以降は長登太夫と改名する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹本長門太夫(3世)の関連キーワード村田準朔吉川松谷横瀬貞臣大河内輝和お利尾の方国包(12代)榊山四郎太郎(5代)豊竹此太夫(3代)長山孔直山彦二朝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone