コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠松[町] かさまつ

百科事典マイペディアの解説

笠松[町]【かさまつ】

岐阜県南部,羽島(はしま)郡の町。北は岐阜市,南は木曾川を境に愛知県の機業地帯に接し,美濃縞(みのじま)の綿織物産地で,現在は化繊服地類の製造が盛ん。かつては木曾川の河港であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさまつ【笠松[町]】

岐阜県南西部,羽島郡の町。人口2万1682(1995)。木曾川右岸に沿う細長い町で,全町がはんらん原上にある。自然堤防と後背湿地が混在し,自然堤防上に市街地が発達する。木曾川の流れが緩やかになる地形的変換点に位置し,江戸時代には桑名に通じる木曾川水運の重要な河港として発展した。東海道本線の通過を拒否したため一時町勢は衰退したが,美濃縞織物で知られる繊維の町として発展してきた。名鉄本線と竹鼻・羽島線の分岐点をなす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android