コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シヌ

5件 の用語解説(篠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぬ【×篠】

江戸時代万葉仮名の「の」の読みを「ぬ」と誤読してできた語》「しの1」に同じ。

しの【×篠】

篠竹(しのだけ)」に同じ。
篠笛」の略。
紡績の中間過程で、不純物の除かれた繊維を長さをそろえて太いひも状にしたもの。

すず【×篠/×篶】

スズタケの別名。
「こよひ誰―吹く風を身にしめて吉野の岳(たけ)に月をみるらむ」〈新古今・秋上〉
細い竹の子。すずのこ。
「彼より―を多くまうけたるを」〈著聞集・一八〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しの【篠】

篠竹しのだけ 」に同じ。
紡績の中間工程で、繊維の長さをそろえて平行に並べたひも状の繊維の束。これに撚りを加えて糸にする。スライバー。
篠金物しのがなもの 」の略。
篠笛しのぶえ 」の略。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しの

スライバ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【篠笛】より

…歌舞伎の囃子や民俗芸能に用いられるが,かつては地歌(じうた)にも使用されたことがある。管は細い篠竹つまり女竹(めたけ)で作るが,肉が薄く皮の堅い竹が最上とされ,砂地の竹がその条件に合うため,房州や岐阜産のものが珍重される。竜笛や能管と異なり,竹をそのままの形で使用し,竹の割れを防ぐために,首部と尾部の先端だけを樺の皮で巻き,黒漆で塗り固める。…

※「篠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

篠の関連情報