(読み)シヌ

  • ×篠
  • ×篠/×篶
  • しの
  • すず
  • 篠 (ササ・シノ)
  • 篠 (シノ)
  • 篠 (シノ・スズ)

デジタル大辞泉の解説

江戸時代万葉仮名の「の」の読みを「ぬ」と誤読してできた》「しの1」に同じ。
篠竹(しのだけ)」に同じ。
篠笛」の
紡績の中間過程で、不純物の除かれた繊維を長さをそろえて太いひも状にしたもの。
スズタケの別名。
「こよひ誰―吹く風を身にしめて吉野の岳(たけ)に月をみるらむ」〈新古今・秋上〉
細い竹の子。すずのこ。
「彼より―を多くまうけたるを」〈著聞集・一八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (現在、「の」の甲類の万葉仮名とされている「怒」「努」「弩」などを「ぬ」とよんだところからできた語) =しの(篠)
※書紀(720)神代上(丹鶴本訓)「篠、小竹也。此れをば斯奴(しヌ)と云ふ」
〘名〙
① 稈(かん)が細く、群がって生える竹類。篠の小笹。篠竹。しぬ。しのべ。
※書紀(720)神代上「篠は、小竹なり。此をば斯奴(シノ)と云ふ」
② 「しのまき(篠巻)」の略。〔物類称呼(1775)〕
④ 「しのぶえ(篠笛)」の略。
※人情本・恩愛二葉草(1834)三「合物(あはせもの)と言はんすは、篠笛(シノ)で御座んすか。尺八かえ」
[補注]①と笹との相違は明確ではない。「小竹」の訓に関しても挙例の「書紀‐神代上」や、「小竹を訓みて佐々(ササ)と云ふ」〔古事記‐上〕とあるように、両方の訓みが可能なようである。「万葉集」の人麻呂詠歌や「人麻呂歌集」においては、篠を「細竹」、笹を「小竹」と書き分けているとする説もあるが、「小竹」の訓を「ささ」とする積極的根拠にはなり得ていない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【篠笛】より

…歌舞伎の囃子や民俗芸能に用いられるが,かつては地歌(じうた)にも使用されたことがある。管は細い篠竹つまり女竹(めたけ)で作るが,肉が薄く皮の堅い竹が最上とされ,砂地の竹がその条件に合うため,房州や岐阜産のものが珍重される。竜笛や能管と異なり,竹をそのままの形で使用し,竹の割れを防ぐために,首部と尾部の先端だけを樺の皮で巻き,黒漆で塗り固める。…

※「篠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篠の関連情報