コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲江 かまえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲江
かまえ

大分県南東部,佐伯市南東部の旧町域。宮崎県に接する。 1911年町制。 1955年名護屋村,上入津村,下入津村の3村と合体。 2005年佐伯市,宇目町,上浦町,鶴見町,弥生町,本匠村,直川村,米水津村と合体し,佐伯市となる。日向灘豊後水道の好漁場に近く,古くから漁業の基地として知られる。延長約 80kmのリアス海岸では真珠,ハマチなどの養殖が行なわれる。農業では米,野菜,イチゴなどの栽培と養豚が中心。サンゴ礁が発達し,海中景観の美しさで知られる深島屋形島を含み,海岸のほぼ全域が日豊海岸国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲江
かまえ

大分県最南端、南海部(みなみあまべ)郡にあった旧町名(蒲江町(ちょう))。現在は佐伯(さいき)市の南東端部にあたる地域。旧蒲江町は1911年(明治44)町制施行。1955年(昭和30)名護屋(なごや)、上入津(かみにゅうづ)、下入津の3村と合併。2005年(平成17)佐伯市に合併。旧町名は中世以来の地域名による。日向灘(ひゅうがなだ)に臨み、ほぼ海岸沿いに国道388号が通じる。中心の蒲江浦は第3種漁港、中世すでに港町として知られた。イワシ漁やブリ定置網で栄えたが、いまはモジャコ(ブリの幼魚)の採捕が主。入り江の養殖は真珠、ハマチが中心。入り江の奥の小平地や山腹斜面には米、サツマイモ、ミカン作が行われ、養豚も盛んである。サンゴ礁(しょう)を主体とする屋形(やかた)島、深(ふか)島の蒲江海域公園や海食崖(がい)、砂浜の海岸は日豊(にっぽう)海岸国定公園の一部。富尾神社の蒲江神楽(かぐら)と、早吸日女(はやすいひめ)神社の八人太鼓は県指定無形民俗文化財。[兼子俊一]
『『蒲江町史』(1977・蒲江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蒲江の関連情報