コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精華[町] せいか

百科事典マイペディアの解説

精華[町]【せいか】

京都府南部,木津川西岸に位置する相楽(そうらく)郡の町。米作,野菜栽培の盛んな,大阪,京都,奈良と結ばれた近郊農村地域で,トウガラシ,イチゴを特産。中心は祝園(ほうその)で,片町線,近鉄京都線,京奈和自動車道が通じ住宅地化が著しい。
→関連項目国立国会図書館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいか【精華[町]】

京都府南部,相楽郡の町。人口2万2691(1995)。京都盆地南端に位置し,東境を木津川が北流する。生駒山地につづく丘陵が西部に広がり,東部は木津川の沖積低地となる。町の東部を近鉄京都線,JR片町線が通る。稲作中心の農業が盛んであったが,交通の便がよいため,近年都市化が急速に進み,南部の丘陵地には住宅・都市整備公団の平城ニュータウンがつくられた。祝園(ほうその)にいごもり祭で知られる祝園神社がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報