コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀北 きほく

2件 の用語解説(紀北の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕紀北(きほく)


和歌山県北部をさす地域名。
紀ノ川流域の平野部を占め、県人口の大部分が集中する。和歌山平野穀倉地帯を含み、和歌山市・海南市では臨海工業地帯を形成。高野山真言宗総本山高野山(こうやさん)がある。

〔和歌山県〕紀北(きほく)


和歌山県北部をさす県内3区分の一つ。紀ノ(きの)川流域の平野部を中心に、県人口の大部分が集中する。和歌山市・海南(かいなん)市・橋本(はしもと)市・紀の川市と海草(かいそう)・伊都(いと)の2郡にあたる。和歌山平野の穀倉地帯を含み、和歌山市・海南市では臨海工業地帯を形成。真言密教の総本山高野山(こうやさん)がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紀北の言及

【和歌山[県]】より

…これによって扱われた商品には湯浅のしょうゆ,粉河(こかわ)寺門前町の酢,海南市黒江の漆器などがあり,このうち黒江の漆器は,現在でも県内有数の伝統産業として重要な役割を果たしている。江戸時代には紀北の紀ノ川流域ではワタ作が盛んになり,ワタを原料とした綿織物の生産を促した。織物の中で,現在の和歌山市では幕末の紀州藩の武士の軍服に供された紋羽(もんば)織がのちに改良されて紀州ネルに発展し,また明治初年には軍靴の生産も奨励された。…

※「紀北」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀北の関連情報