コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊長島 きいながしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀伊長島
きいながしま

三重県南部,紀北町北・東部の旧町域。熊野灘に臨む。 1899年長島町として町制。 1950年二郷村を編入,1955年三野瀬村と合体したあと赤羽村を編入し,1970年紀伊長島町に改称。 2005年海山町と合体して紀北町となった。中心地区の長島はリアス湾入の奥に開けた漁港町で,アジ,サバ漁のほか,ハマチの養殖も盛ん。三野瀬地区では柑橘類やウメの大規模栽培が行なわれる。山地一帯は紀州材の産地。南部海上の鈴島を中心とする海岸は「紀州松島」と呼ばれる景勝地で,ホテル,民宿も多い。大島暖地性植物群落は国の天然記念物に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀伊長島
きいながしま

三重県南部、北牟婁(きたむろ)郡にあった旧町名(紀伊長島町(ちょう))。現在は紀北(きほく)町の北東半を占める地域。旧紀伊長島町は、1899年(明治32)長島町として町制施行。1950年(昭和25)に二郷(にごう)村を、1955年に三野瀬(みのせ)、赤羽(あかば)の2村を編入し、1970年に町名を紀伊長島町と改称。長島の名は、中世に伊勢(いせ)神宮に塩を奉納した中嶋御厨(なかじまのみくりや)が転訛(てんか)したもの。2005年(平成17)海山(みやま)町と合併し、紀北町となる。熊野灘(なだ)に面するリアス式海岸のため平地に乏しく、集落は湾奥に点在。JR紀勢本線と国道42号(熊野街道)、260号、422号が通ずるが、紀勢本線の全通(1959)までは船が主要交通機関であった。産業は、スギ、ヒノキを主とする紀州林業、ミカン栽培、養鶏、長島港を基地とするカツオ・サバ漁などで、民宿も多い。国のレクリエーション都市計画の指定を受け、城ノ浜地区にホテル、プール、テニスコート、オートキャンプ場などが建設された。温暖多雨の気候に恵まれ、大島の暖地性植物群落(国の天然記念物)、鈴島(すずしま)周辺海域の造礁サンゴ群生地(県の天然記念物)などがある。また、沿岸地域には海鳥が多く生息し、国指定鳥獣保護区の特別保護地区になっている。[伊藤達雄]
『『紀伊長島町史』(1985・紀伊長島町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紀伊長島の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区長島三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区道瀬三重県北牟婁郡紀北町海山区馬瀬三重県度会郡大紀町大内山三重県北牟婁郡紀北町堀栄丸衝突事故海山(三重県)三重県紀北町紀北(町)紀北[町]志摩半島荷坂峠紀勢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀伊長島の関連情報