コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑務沙汰 ざつむさた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑務沙汰
ざつむさた

鎌倉時代中期以降における幕府訴訟制度の一系統。利銭,出挙,替銭,替米,諸負物などを対象とするから,動産に関する裁判手続と考えられる。その手続の内容は,おおむね所務沙汰に準じるが,異なっている点は,訴状提出に際して,土地の地頭の添状 (挙状) を必要とすること,担当の官庁が,関東分国内の事件については,問注所,鎌倉中については,政所であること,判決書が,問注所執事 (または政所別当) と,その官庁職員とが連署する下知状の形式をとること,などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざつむ‐さた【雑務沙汰】

中世、幕府の裁判制度で、売買・貸借関係などの民事訴訟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざつむざた【雑務沙汰】

鎌倉幕府は14世紀初頭,訴訟対象による裁判管轄の制を設け,所務沙汰(不動産訴訟一般),雑務沙汰検断沙汰(刑事裁判)とした。当時の幕府訴訟制度を解説した《沙汰未練書》には,(1)利銭,出挙(すいこ),替銭,替米,諸負物,諸預物,(2)奴婢,雑人,勾引(人を誘拐し売買する),(3)沽却田畠,年紀(期限付売買,質入れに類似する),放券(売買証文),の項目を掲げる。(1)は銭貨・動産の貸借・質入れ,(2)は動産視される不自由身分の者の帰属,(3)は土地所有権の権原の存在自体ではなく,売買の事実の有無,証文の真偽等の争訟であるから,全体として債権および動産関係訴訟である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざつむさた【雑務沙汰】

鎌倉時代の訴訟のうち、金銭貸借などの民事に関する訴訟。ぞうむさた。 → 所務沙汰検断沙汰

ぞうむさた【雑務沙汰】

雑務沙汰ざつむさた 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑務沙汰
ざつむざた

鎌倉幕府の裁判制度の一つ。鎌倉幕府は当事者の身分によって裁判管轄を定めていたが、13世紀末ごろから、所務(しょむ)沙汰(不動産訴訟)、検断沙汰(刑事訴訟)のように、訴訟対象によって管轄を分け、所務沙汰は引付方(ひきつけかた)、検断沙汰は侍所(さむらいどころ)が管掌した。雑務沙汰はこの両者と並立するもので、鎌倉末期の法律書である『沙汰未練書(さたみれんしょ)』によれば、利銭(りせん)、出挙(すいこ)、替銭(かえぜに)、替米(かえまい)、負物(ふもつ)、借物(しゃくもつ)、預物(よもつ)、放券(ほうけん)、沽却(こきゃく)田畑、奴婢(ぬひ)、雑人(ぞうにん)などに関する訴訟を管轄するとされている。田畑の売買に関する争い、動産や債権債務にかかわる争いを扱うということである。幕府の支配圏に属するこの種の相論は鎌倉の問注所で訴を受理し、審理、判決した。また鎌倉市中の一般民衆間の紛争は政所(まんどころ)が管轄した。訴訟手続は、訴人(原告)が訴状を提出し、論人(ろんにん)(被告)が陳状(答弁書)を出して弁駁(べんばく)するなど、概して所務沙汰と同様であるが、判決書は問注所執事と奉行人(ぶぎょうにん)の連署する下知状(げちじょう)である。六波羅(ろくはら)探題では、検断沙汰とは異なって、雑務沙汰を扱う専門の機関は置かれず、六波羅引付方が管轄した。九州諸国では守護がこれを管掌した。[羽下徳彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雑務沙汰の関連キーワード地方沙汰政所沙汰中世

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android