コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑務沙汰 ざつむさた

6件 の用語解説(雑務沙汰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑務沙汰
ざつむさた

鎌倉時代中期以降における幕府訴訟制度の一系統。利銭,出挙,替銭,替米,諸負物などを対象とするから,動産に関する裁判手続と考えられる。その手続の内容は,おおむね所務沙汰に準じるが,異なっている点は,訴状提出に際して,土地の地頭の添状 (挙状) を必要とすること,担当の官庁が,関東分国内の事件については,問注所,鎌倉中については,政所であること,判決書が,問注所執事 (または政所別当) と,その官庁職員とが連署する下知状の形式をとること,などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざつむ‐さた【雑務沙汰】

中世、幕府の裁判制度で、売買・貸借関係などの民事訴訟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ざつむざた【雑務沙汰】

鎌倉幕府は14世紀初頭,訴訟対象による裁判管轄の制を設け,所務沙汰(不動産訴訟一般),雑務沙汰検断沙汰(刑事裁判)とした。当時の幕府訴訟制度を解説した《沙汰未練書》には,(1)利銭,出挙(すいこ),替銭,替米,諸負物,諸預物,(2)奴婢,雑人,勾引(人を誘拐し売買する),(3)沽却田畠,年紀(期限付売買,質入れに類似する),放券(売買証文),の項目を掲げる。(1)は銭貨・動産の貸借・質入れ,(2)は動産視される不自由身分の者の帰属,(3)は土地所有権の権原の存在自体ではなく,売買の事実の有無,証文の真偽等の争訟であるから,全体として債権および動産関係訴訟である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざつむさた【雑務沙汰】

鎌倉時代の訴訟のうち、金銭貸借などの民事に関する訴訟。ぞうむさた。 → 所務沙汰検断沙汰

ぞうむさた【雑務沙汰】

雑務沙汰ざつむさた 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑務沙汰
ざつむざた

鎌倉幕府の裁判制度の一つ。鎌倉幕府は当事者の身分によって裁判管轄を定めていたが、13世紀末ごろから、所務(しょむ)沙汰(不動産訴訟)、検断沙汰(刑事訴訟)のように、訴訟対象によって管轄を分け、所務沙汰は引付方(ひきつけかた)、検断沙汰は侍所(さむらいどころ)が管掌した。雑務沙汰はこの両者と並立するもので、鎌倉末期の法律書である『沙汰未練書(さたみれんしょ)』によれば、利銭(りせん)、出挙(すいこ)、替銭(かえぜに)、替米(かえまい)、負物(ふもつ)、借物(しゃくもつ)、預物(よもつ)、放券(ほうけん)、沽却(こきゃく)田畑、奴婢(ぬひ)、雑人(ぞうにん)などに関する訴訟を管轄するとされている。田畑の売買に関する争い、動産や債権債務にかかわる争いを扱うということである。幕府の支配圏に属するこの種の相論は鎌倉の問注所で訴を受理し、審理、判決した。また鎌倉市中の一般民衆間の紛争は政所(まんどころ)が管轄した。訴訟手続は、訴人(原告)が訴状を提出し、論人(ろんにん)(被告)が陳状(答弁書)を出して弁駁(べんばく)するなど、概して所務沙汰と同様であるが、判決書は問注所執事と奉行人(ぶぎょうにん)の連署する下知状(げちじょう)である。六波羅(ろくはら)探題では、検断沙汰とは異なって、雑務沙汰を扱う専門の機関は置かれず、六波羅引付方が管轄した。九州諸国では守護がこれを管掌した。[羽下徳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑務沙汰の関連キーワード鎌倉御所所務沙汰引付衆合奉行鎌倉殿検断沙汰内訴論所鎌倉幕府法訴訟対象

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone