コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細入 ほそいり

3件 の用語解説(細入の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細入
ほそいり

富山県中部,富山市中南部を占め岐阜県に接する旧村域。飛騨山地神通川左岸に位置する。 1889年村制。 2005年富山市,大沢野町,大山町,八尾町,婦中町,山田村と合体して富山市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細入
ほそいり

富山県中南部、婦負(ねい)郡にあった旧村名(細入村(むら))。現在は富山市の南部西寄りを占める地域。旧細入村は1889年(明治22)成立。2005年(平成17)富山市に合併。神通(じんづう)川左岸段丘とその背後の山地を占め、岐阜県に接する。JR高山本線、国道41号、360号が通じる。古くから飛騨(ひだ)街道が通じ、藩政時代には南部の猪谷(いのたに)に富山藩の関所が置かれた。旧村域は南北に細長く、庵谷(いおりだに)峠山地のトンネルで二分され南の地域は片掛(かたかけ)の安竜(あんりゅう)山大淵(だいえん)寺、猪谷の金剛山西禅寺を中心に曹洞(そうとう)宗徒が多く、北部の楡原(にれはら)は不忘(ふぼう)山上行(じょうぎょう)寺を中心に法華(ほっけ)宗徒が多い。農林業のほか観光にも力を入れている。ラッキョウの生産は県下有数。神通川第一、第二、第三のダムがあり、一帯は湖水化し神通峡県定公園に指定されている。「猪谷の背斜・向斜」は国指定天然記念物。猪谷には猪谷関所館がある。[深井三郎]
『『細入村史』上・下巻(1987~1989・細入村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細入の関連キーワード富山県富山市北代中部富山県富山市中市富山県富山市中老田富山県富山市中沖富山県富山市中島富山県富山市中田富山県富山市中滝富山県富山市中野富山県富山市中屋富山県富山市本丸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

細入の関連情報