コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細尾峠 ほそおとうげ

3件 の用語解説(細尾峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細尾峠
ほそおとうげ

栃木県北西部,日光市南西部を通る国道 122号線上にある峠。標高 1192m。渡良瀬川鬼怒川水系の分水界をなす。かつては足尾銅山の粗銅を清滝の精銅所に送る重要な交通路で,1978年峠の下に日足トンネルが開通した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

細尾峠
ほそおとうげ

富山県南西部,砺波平野南端の南砺市城端から飛騨山地五箇山に通じる道筋の峠。標高 730m。国道 304号線の細尾トンネルが通るが,冬季は積雪のため交通が途絶していた。 1984年峠の北東に五箇山トンネルが開通,通年の通行が可能になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細尾峠
ほそおとうげ

富山県南西部、南砺(なんと)市にある峠。標高760メートル。小矢部(おやべ)川の深い谷斜面を縫う道路が細尾峠を通り、庄(しょう)川谷を経て下梨(しもなし)に至ったが、庄川の電源開発事業で拡幅され、その後国道304号となった。しかし、1984年(昭和59)五箇山(ごかやま)トンネルが開通すると、304号は同トンネルを経て梨谷に至る短縮ルートとなり、細尾峠経由の道は旧道となった。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細尾峠の関連キーワード城端井波〈町〉井口〈村〉富山県南砺市入谷富山県南砺市城富山県南砺市城端城端〈町〉富山県南砺市高瀬富山県南砺市苗島富山県南砺市やかた

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone