コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細菌性(化膿性)髄膜炎 さいきんせいかのうせいずいまくえん Bacterial Meningitis

1件 の用語解説(細菌性(化膿性)髄膜炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

さいきんせいかのうせいずいまくえん【細菌性(化膿性)髄膜炎 Bacterial Meningitis】

[どんな病気か]
 細菌感染による髄膜炎です。おもな原因菌は、肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、髄膜炎菌(ずいまくえんきん)、インフルエンザ菌ブドウ球菌(きゅうきん)、大腸菌(だいちょうきん)などで、重篤(じゅうとく)な病気です。
 中耳炎(ちゅうじえん)、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、肺炎(はいえん)、心内膜炎(しんないまくえん)の原因となっている細菌が、脳脊髄膜に直接、感染したり、血液中に細菌が入って敗血症(はいけつしょう)となったりしておこります。頭部外傷後に、傷口から細菌が侵入してもおこります。
 がん、白血病(はっけつびょう)、心臓病、糖尿病(とうにょうびょう)、腎臓病(じんぞうびょう)などで体力が衰え、免疫機能(めんえききのう)が低下しているとおこりやすくなります。
[症状]
 発熱と寒けで始まり、頭痛がひどく、吐(は)き気(け)や嘔吐(おうと)がおこり、徐々にくびの後ろが張ってきてかたくなります(項部硬直(こうぶこうちょく))。その後、意識の低下やけいれんがおこることもあります。
[治療]
 腰に針を刺して、脳脊髄液を採取して(腰椎穿刺(ようついせんし))、細菌の種類を調べ、その細菌にもっともよく効く抗生物質を使います。
 髄膜炎をおこす原因となった病気(基礎疾患)を見つけて、同時に治療する必要があります。
 嘔吐が強く、食事がとれない場合は、点滴をして栄養や水分を補い、高熱のときは、からだを冷やし、坐薬(ざやく)を使って熱を下げます。また、頭痛や全身の痛みには、鎮痛薬が使われます。
 治療の開始が早く、細菌に対して抗生物質がよく効けば、後遺症を残さずに治すことができます。
 がんや心臓病などの重篤な基礎疾患があると、予後はよくありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

細菌性(化膿性)髄膜炎の関連キーワード細菌性赤痢産褥熱心内膜炎頭痛脊髄炎溶連菌感染症流行性髄膜炎パスツレラ菌感染症心内膜炎 (endocarditis)乳房炎 (mammitis, mastitis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone