コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組む クム

デジタル大辞泉の解説

く・む【組む】

[動マ五(四)]

㋐がっちりと、互いのからだに取りつき合う。取り組む。「四つに―・む」
㋑同じ目的で何かをするために仲間になる。組になる。「彼と―・んで事業を始める」

㋐ものを互い違いに交差させたりからみ合わせたりする。「腕を―・む」「足を―・む」
㋑材料・部分を順序に従って合わせたり結んだりして、まとまりのある全体を作り上げる。「ひもを―・む」「足場を―・む」
㋒統一あるものにまとめ上げる。組織したり編成したりする。「徒党を―・む」「時間割を―・む」
㋓活字を、指定に従って原稿どおりに並べる。「版を―・む」
[可能]くめる
[下接句]鬼とも組む座を組む手を組む徒党を組む膝(ひざ)を組む四つに組む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くむ【組む】

( 動五[四] )
(他動詞)
棒状・ひも状のものを交差させたりからみ合わせたりする。
手や足を交差させたり、からみ合わせたりする。 「腕を-・んで考えこむ」
何本もの棒や紐ひもを合わせて作り上げる。 「やぐらを-・む」 「紐を-・む」 「筏いかだに-・む」
個々のものをとり集めて一つのまとまりをもったものにつくり上げる。組織する。編成する。 「コンビを-・む」 「隊伍を-・む」 「時間割りを-・む」
(自動詞)
互いに手足をからみ合わせて争う。とっくみあう。 「 - ・んずほぐれつ」 「あはれ、よからう大将軍に-・まばや/平家 9
(ある事を一緒にするために)仲間になる。協力する。共謀する。 「兄弟で-・んで事業を始める」 「仲間と-・んで悪事をはたらく」
[可能] くめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組むの関連情報