コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組む クム

2件 の用語解説(組むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く・む【組む】

[動マ五(四)]

㋐がっちりと、互いのからだに取りつき合う。取り組む。「四つに―・む」
㋑同じ目的で何かをするために仲間になる。組になる。「彼と―・んで事業を始める」

㋐ものを互い違いに交差させたりからみ合わせたりする。「腕を―・む」「足を―・む」
㋑材料・部分を順序に従って合わせたり結んだりして、まとまりのある全体を作り上げる。「ひもを―・む」「足場を―・む」
㋒統一あるものにまとめ上げる。組織したり編成したりする。「徒党を―・む」「時間割を―・む」
㋓活字を、指定に従って原稿どおりに並べる。「版を―・む」
[可能]くめる
[下接句]鬼とも組む座を組む手を組む徒党を組む膝(ひざ)を組む四つに組む

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くむ【組む】

( 動五[四] )
(他動詞)
棒状・ひも状のものを交差させたりからみ合わせたりする。
手や足を交差させたり、からみ合わせたりする。 「腕を-・んで考えこむ」
何本もの棒や紐ひもを合わせて作り上げる。 「やぐらを-・む」 「紐を-・む」 「筏いかだに-・む」
個々のものをとり集めて一つのまとまりをもったものにつくり上げる。組織する。編成する。 「コンビを-・む」 「隊伍を-・む」 「時間割りを-・む」
(自動詞)
互いに手足をからみ合わせて争う。とっくみあう。 「 - ・んずほぐれつ」 「あはれ、よからう大将軍に-・まばや/平家 9
(ある事を一緒にするために)仲間になる。協力する。共謀する。 「兄弟で-・んで事業を始める」 「仲間と-・んで悪事をはたらく」
[可能] くめる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組むの関連キーワードがっちりぎっちりこっちりとっちりとんとっちり者長っ尻ぴっちりてっちり塗込むガッチリ固まる猫砂Ag+

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

組むの関連情報