経世済民(読み)ケイセイサイミン

大辞林 第三版の解説

けいせいさいみん【経世済民】

世を治め、民の苦しみを救うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいせい‐さいみん【経世済民】

〘名〙 の中をおさめ、人をすくうこと。
※江戸から東京へ(1924)〈矢田挿雲〉一一「論語と孟子を経世済民(ケイセイサイミン)の虎の巻と考へて居る役人が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の経世済民の言及

【経済】より

…また,経済はしばしば伝統慣習経済,市場経済,指令経済の三つに分類されるが,伝統,市場,指令は一経済のなかに並存する要素の若干であるにすぎず,それ以上の意味をもたせることはできない。
[〈経済〉という語の系譜]
 〈経済〉という語は中国晋代の書《抱朴子》〈外篇〉にある〈経世済民〉に発し,これを略したものといわれる。〈経世済民〉とは,〈世を治め民をたすける〉という意で,現在いうところの,政治にかかわるもろもろの事柄をさしていた。…

※「経世済民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経世済民の関連情報