コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計的推定 とうけいてきすいていstatistical estimation

1件 の用語解説(統計的推定の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいてきすいてい【統計的推定 statistical estimation】

事物の集合を定量的に把握するための数理統計学の方法を統計的推定という。例えば日本の成人男子の身長とか,ある生産工程で製造される大量の電気抵抗器など,非常に多くの事物の集合を考える。この集合を母集団と呼ぶ。母集団はある工程で今後製造される製品全体というように仮想的に定められることもあるので,一般に要素を全部書き出すことは不可能であり,統計的性質を記述することによってそれにかえる。ふつうは平均μ,分散σ2など少数のパラメーターで記述することが行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の統計的推定の言及

【フィッシャー】より

…フィッシャーの業績は四つの分野にわたる。第1は統計的推測とくに推定(統計的推定)の基礎理論の建設で,最尤(さいゆう)推定法の導入とその大標本のもとでの有効性の証明,推定量の効率の尺度としての情報量の定義,推測確率の概念の導入などがある。第2は統計量の標本分布に関連し,処女論文における相関係数の精密標本分布の導出をはじめ,偏相関係数,Z分布,分散共分散行列の固有根の分布などを求めた。…

※「統計的推定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone