コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾瀬[市] あやせ

百科事典マイペディアの解説

綾瀬[市]【あやせ】

神奈川県中部,相模原台地南部にある市。1978年市制。かつては養蚕地帯で桑園が多かったが,昭和40年代以降宅地化が進んだ。養豚養鶏,野菜栽培などの近郊農業も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あやせ【綾瀬[市]】

神奈川県のほぼ中央部,相模原台地の南部にある市。1978年市制。人口8万0680(1995)。台地を刻む蓼(たで)川と支流の深谷川,それに目久尻(めくじり)川が南北に流れ,かつてはわずかに水田があったが,一帯が畑作地で,サツマイモ,スイカを産し,養蚕,養豚で知られた農村であった。1938年旧日本海軍が市域北東部の台地を航空基地として開発し,41年相模野海軍航空隊が設置され厚木飛行場として使用が開始された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android