コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫う ヌウ

デジタル大辞泉の解説

ぬ・う〔ぬふ〕【縫う】

[動ワ五(ハ四)]
糸を通した針を布地などの裏表に交互に刺して進める。また、そのようにして布地などをつなぎ合わせたり、衣服などを作ったりする。「裾のほつれを―・う」「カーテンを―・う」
(「繍う」とも書く)刺繍(ししゅう)をする。縫い取りをする。
「地獄絵を―・うた襠(うちかけ)の裳を」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉
傷口を針と糸でとじ合わせる。縫合する。「五針も―・う怪我(けが)」
槍や矢などが刺し貫く。
「白犬が一頭、たかうすびょうの矢に腹を―・われて」〈芥川・偸盗〉
事物や人々の狭い間を抜けて進む。「雑踏を―・って進む」「間隙を―・う」
[可能]ぬえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

縫うの関連キーワードhome sewing縫い物・縫物・繍・繡足袋刺し・足袋刺縫い糸・縫糸縫い針・縫針縫い・繍・繡縫い子・縫子革針・皮針畝目返し組み繍い絡げ縫い二度縫いぐし縫い返し縫い差し縫ふ隠し縫い一針抜き重ね縫い飾り縫い縫直す

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縫うの関連情報