コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕付ける/為付ける シツケル

デジタル大辞泉の解説

し‐つ・ける【仕付ける/為付ける】

[動カ下一][文]しつ・く[カ下二]《「し」はサ変動詞「する」の連用形。「仕」は当て字》
しなれている。やりつけている。「―・けない仕事なので、はかどらない」
(「躾ける」とも書く。「躾」は国字)礼儀作法や芸などを教え込む。「子供をきびしく―・ける」
縫い物にしつけをする。「着物の袖を―・ける」
植えつける。また、田植えをする。「畑にキャベツを―・ける」
嫁入りや独立など、娘や息子の身の振り方を決めさせる。
「今時の縁組…美を尽くして―・けける」〈浮・一代女・四〉
負かす。やっつける。
「千代歳さまに―・けられて無念な」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android