コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕付ける/為付ける(読み)シツケル

デジタル大辞泉の解説

し‐つ・ける【仕付ける/為付ける】

[動カ下一][文]しつ・く[カ下二]《「し」はサ変動詞「する」の連用形。「仕」は当て字》
しなれている。やりつけている。「―・けない仕事なので、はかどらない」
(「躾ける」とも書く。「躾」は国字)礼儀作法や芸などを教え込む。「子供をきびしく―・ける」
縫い物にしつけをする。「着物の袖を―・ける」
植えつける。また、田植えをする。「畑にキャベツを―・ける」
嫁入りや独立など、娘や息子の身の振り方を決めさせる。
「今時の縁組…美を尽くして―・けける」〈浮・一代女・四〉
負かす。やっつける。
「千代歳さまに―・けられて無念な」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android