コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美唄市(読み)びばい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美唄〔市〕
びばい

北海道中央部,石狩平野の北部から夕張山地にかけて広がる市。 1950年市制。地名はアイヌ語のピパオイ (カラスガイの多いところの意) に由来。 1891年以後屯田兵,農業移住者が入植,その後炭鉱開発により発展。 1962年頃まで鉱業都市として栄えたが,63年より相次いで炭鉱が閉山。企業誘致を推し進め,木材,衣服,食品,電気器具,化学などの工業が立地。米作も行われる。工業団地に加え,市営住宅団地も造成されている。国道 12号線,JR函館本線,道央自動車道が通じる。面積 277.69km2。人口 2万3035(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美唄市の関連情報