コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美杉 みすぎ

3件 の用語解説(美杉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美杉
みすぎ

三重県中部,津市南部の旧村域。雲出川上流域にある。 1955年竹原村,八知村,太郎生村,伊勢地村,八幡村,多気村,下之川村の7村が合体して美杉村が成立。 2006年津市,久居市,河芸町,芸濃町,美里村,安濃町,香良洲町,一志町,白山町の2市6町1村と合体,津市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美杉
みすぎ

三重県中部、一志(いちし)郡にあった旧村名(美杉村(むら))。現在は津市の南西部を占める一地区。雲出(くもず)川上流にあって奈良県に接する。1955年(昭和30)竹原、八知(やち)、太郎生(たろう)、八幡(やわた)、伊勢地(いせじ)、多気(たげ)、下之川(しものかわ)の7村が合併して成立。2006年(平成18)久居(ひさい)市などとともに津市に合併。JR名松(めいしょう)線、国道368号、422号が通じる。区域の86%が山地で、スギ、ヒノキの美林が広がる過疎地区。林業と米作、野菜、茶栽培も行われるが、ほかにみるべき産業はない。奈良県境一帯は室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園域。また中央部は赤目一志峡県立自然公園に指定されている。多気地区の標高600メートルの地にある霧山城跡は南北朝時代の北畠(きたばたけ)氏の本拠地で国指定史跡。東麓(とうろく)の北畠氏館(やかた)跡庭園は国指定名勝・史跡。[伊藤達雄]
『『美杉村史』全2巻(1981・美杉村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美杉の関連キーワード雲出川三重県津市雲出伊倉津町三重県津市雲出鋼管町三重県津市雲出島貫町三重県津市雲出長常町三重県津市雲出本郷町三重県津市美杉町川上三重県津市南が丘三重県津市南河路三重県津市南新町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美杉の関連情報