河芸(読み)かわげ

日本大百科全書(ニッポニカ)「河芸」の解説

河芸
かわげ

三重県中部、安芸郡(あげぐん)にあった旧町名(河芸町(ちょう))。現在は津市の北東端を占める一地区。伊勢(いせ)湾に面する。1954年(昭和29)豊津(とよつ)、上野、黒田の3村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)久居(ひさい)市などとともに津市に合併。名称は、1896年(明治29)から1956年まで存続した郡名による。豊津は沿岸漁村でカタクチイワシ、コウナゴ、ノリが主産物。上野は伊勢参宮街道(国道23号)に沿う農村で、古い街村形態を残す。伊勢鉄道、近畿日本鉄道名古屋線、国道306号が通ずる。かつては、津市と鈴鹿(すずか)市に挟まれていたこともあり、昭和40年代頃から中小工場の進出や県住宅公社の千里ヶ丘(ちさとがおか)団地造成など、急速に都市化が進んだ。海岸は伊勢の海県立自然公園に含まれる。

[伊藤達雄]

『『河芸町史』全5巻(2000~2001・河芸町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「河芸」の解説

河芸
かわげ

三重県中部,津市北東部にある旧町域。伊勢湾に臨む。 1954年豊津村,上野村,黒田村の3村が合体して町制。 2006年津市,久居市,芸濃町,美里村,安濃町,香良洲町,一志町,白山町,美杉村の2市5町2村と合体,津市となった。地名は旧郡名による。中心地区の上野は参宮街道 (→伊勢街道 ) に沿う古い宿場町で,その面影が残る。西部の丘陵部ではチャ (茶) の栽培,東部の低地では米作が行なわれる。伊勢湾岸の豊津では,沿岸漁業のほかカタクチイワシの煮干しを特産。津市中心部への通勤圏として住宅団地がある。海岸一帯は伊勢の海県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android