コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸濃 げいのう

2件 の用語解説(芸濃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸濃
げいのう

三重県中部,津市北部の旧町域。安濃川中・上流域にある。 1956年椋本村,明村,安西村,河内村,雲林院村の5村が合体し町制。 2006年津市,久居市,河芸町,美里村,安濃町,香良洲町,一志町,白山町,美杉村の2市5町2村と合体,津市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸濃
げいのう

三重県中部、安芸(あげ)郡にあった旧町名(芸濃町(ちょう))。現在は津市北西部の一地区。1956年(昭和31)安濃(あの)郡の安西(あんざい)、雲林院(うじい)、河内(こうち)の3村と河芸(かわげ)郡の椋本(むくもと)、明(あきら)の2村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)久居(ひさい)市などとともに津市に合併。中心地区の椋本は関から津の市街地へ至る伊勢(いせ)別街道の宿場であり、1981年には伊勢自動車道の芸濃インターチェンジが開通した。旧町域はほぼ安濃川流域を占め、米作を中心に、イチゴ、キャベツ、茶などを栽培、また、黒ぼく土壌の上に花木、苗木畑が広がり、ランの温室栽培も行われる。農業用ダムとしてつくられた安濃ダム(錫杖(しゃくじょう)湖)の湖畔はキャンプ場や宿泊施設が整った行楽地となっている。楠原(くすはら)の山中には砂岩に約40体の仏像を刻んだ石山観音(一部が県指定重要文化財)、椋本には樹齢1000年を超すという大ムク(国指定天然記念物)がある。[伊藤達雄]
『『芸濃町史』(1986・芸濃町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸濃の関連キーワード安濃〈町〉三重県津市安濃町安濃三重県津市安濃町安部三重県津市安濃町荒木三重県津市安濃町太田三重県津市安濃町曽根三重県津市安濃町連部三重県津市安濃町東観音寺三重県津市安濃町戸島三重県津市安濃町前野

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸濃の関連情報