コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸濃 げいのう

2件 の用語解説(芸濃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸濃
げいのう

三重県中部,津市北部の旧町域。安濃川中・上流域にある。 1956年椋本村,明村,安西村,河内村,雲林院村の5村が合体し町制。 2006年津市,久居市,河芸町,美里村,安濃町,香良洲町,一志町,白山町,美杉村の2市5町2村と合体,津市となった。地名は旧郡名の河芸,安濃から1字ずつをとった。中心地区の椋本はかつて関から津へいたる伊勢別街道 (→伊勢街道 ) の宿場町。丘陵性の火山灰土 (黒ボク) 地帯で,かつての桑園は花卉,苗木,茶園に取って代わり,ゴルフ場,工場,住宅団地などが進出した。楠原には 33体の石山観音磨崖仏がある。椋本の大ムクは国の天然記念物。安濃川流域には門前が淵,河内渓谷などの景勝地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸濃
げいのう

三重県中部、安芸(あげ)郡にあった旧町名(芸濃町(ちょう))。現在は津市北西部の一地区。1956年(昭和31)安濃(あの)郡の安西(あんざい)、雲林院(うじい)、河内(こうち)の3村と河芸(かわげ)郡の椋本(むくもと)、明(あきら)の2村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)久居(ひさい)市などとともに津市に合併。中心地区の椋本は関から津の市街地へ至る伊勢(いせ)別街道の宿場であり、1981年には伊勢自動車道の芸濃インターチェンジが開通した。旧町域はほぼ安濃川流域を占め、米作を中心に、イチゴ、キャベツ、茶などを栽培、また、黒ぼく土壌の上に花木、苗木畑が広がり、ランの温室栽培も行われる。農業用ダムとしてつくられた安濃ダム(錫杖(しゃくじょう)湖)の湖畔はキャンプ場や宿泊施設が整った行楽地となっている。楠原(くすはら)の山中には砂岩に約40体の仏像を刻んだ石山観音(一部が県指定重要文化財)、椋本には樹齢1000年を超すという大ムク(国指定天然記念物)がある。[伊藤達雄]
『『芸濃町史』(1986・芸濃町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸濃の関連情報