コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義海(2) ぎかい

1件 の用語解説(義海(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義海(2) ぎかい

?-1755 江戸時代中期の僧。
浄土宗。江戸増上寺の学寮にまなぶ。武蔵(むさし)岩槻(埼玉県)の浄国寺,上野(こうずけ)(群馬県)太田の大光院の住持をつとめる。華厳宗の学僧鳳潭(ほうたん)の「念仏往生明導剳(みょうどうさつ)」に対して,享保(きょうほう)16年「蓮宗禦寇(れんしゅうぎょこう)編」をあらわして反論した。宝暦5年1月10日死去。字(あざな)は沖黙。号は騰蓮社空誉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

義海(2)の関連キーワード西山鑑智国師万霊光誉大我慧岩江戸太夫意教耕禅盤察普寂鸞宿了碩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone