コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳硬化症 じこうかしょうotosclerosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耳硬化症
じこうかしょう
otosclerosis

骨胞に骨の新生と吸収を伴う原因不明の海綿状変化が生じる疾患で,難聴耳鳴を主症状とする。通常,難聴は両側性,伝音性で,思春期の女性に発病することが多く,次第に進行する。治療はアブミ骨摘出術,アブミ骨可動術,新しく内耳窓をつくる迷路開窓術などを中心として行われる。この疾患は,白人には多いが日本人にはまれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

じこうかしょう【耳硬化症 Otosclerosis】

[どんな病気か]
 鼓膜(こまく)の裏側の中耳(ちゅうじ)には、鼓膜の振動を内耳(ないじ)に伝える3個の小さな骨(耳小骨(じしょうこつ))があります。この骨のなかでもっとも小さく、内耳への窓にはまり込んでいる骨を、あぶみ骨(こつ)といいます。
 このあぶみ骨と内耳窓(ないじそう)(前庭窓(ぜんていそう))との間に骨のような組織(耳硬化症性骨組織)が増殖(ぞうしょく)してきてあぶみ骨が動かなくなり、難聴(なんちょう)になるのが耳硬化症(じこうかしょう)で、いまのところ原因は不明です。
 白人やインド人に多く、東洋人や黒人には少ない病気です。
 病気になるのは女性がやや多く、妊娠(にんしん)や出産によって難聴が悪化することもあります。
 欧米では、遺伝性の病気と考えられていますが、日本では、遺伝とは関係のない症例が多いようです。
[症状]
 青年期から難聴がおこって徐々に進行し、約7割は耳鳴(みみな)りをともないます。
 難聴は、片側だけのことも、両側のこともあり、難聴の進行程度が左右で異なることもあります。
[検査と診断]
 鼓膜・外耳道(がいじどう)には異常がなく、聴力検査(ちょうりょくけんさ)で気導聴力(きどうちょうりょく)が低下していて、骨導聴力(こつどうちょうりょく)が正常かやや低下した程度の伝音難聴(でんおんなんちょう)または混合難聴(こんごうなんちょう)があって、ティンパノグラムで特有なパターンを示すので、容易に診断がつきます。
 ただし、病変が内耳にまで波及すると感音難聴(かんおんなんちょう)となります。
[治療]
 ふつう、あぶみ骨切除術(こつせつじょじゅつ)か、あぶみ骨小開窓術(こつしょうかいそうじゅつ)という手術を行ないます。どちらも局所麻酔(きょくしょますい)で行なえますが、術後、数日間はめまいがおこることがあるので、短期間の入院、安静が必要です。
 手術後10日目ごろから聴力が徐々に回復し、耳鳴りも消失することが多いようです。
 ただし、術後数か月間、舌の味覚異常(みかくいじょう)が続くこともあります。
 手術を望まない場合は、補聴器(ほちょうき)で聴力を補うこともできます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じこうかしょう【耳硬化症 otosclerosis】

聴覚障害を起こす病気の一つ。耳小骨連鎖のうち,あぶみ骨底が内耳にはまりこんでいる前庭窓の骨縁に海綿様骨増殖が起こり,その結果あぶみ骨底が固着され,可動性が制限される病気である。したがって耳小骨連鎖を伝わってきた音の振動は内耳に伝達されず,聴覚障害を生ずる。白色人種に多く,黄色人種には少ない。また成人女性に多い。原因は不明であるが,同一家系に多く,また思春期ころから発病し,妊娠で増悪することがあるので,遺伝や内分泌障害が関係していると考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

耳硬化症の関連キーワード伝音難聴と感音難聴コーンフォース骨形成不全症聴力改善手術

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android