聞知(読み)きこえしらす

精選版 日本国語大辞典「聞知」の解説

きこえ‐しら・す【聞知】

〘他サ下二〙 (「いいしらせる(言知)」の謙譲語) 申しあげてわからせる。お話ししてお知らせ申しあげる。ご説明申しあげる。
※源氏(1001‐14頃)若紫「僧都世のつねなき御ものがたり、のち世の事などきこえしらせ給ふ」
※有明の別(12C後)一「ただよしなきくもゐのそらだのめをき侍り、そぞろにうらめしきをきこえしらするぞや」

きき‐し・る【聞知】

〘他ラ五(四)〙 聞いて知る。聞き分ける。聞いてその意味を理解する。また、楽の音などを聞いて、そのを解する。
※古事記(712)中「是にの御子聞知(ききしり)て驚きて、乃ち当芸志美美を殺さむと為たまひし時」
※徒然草(1331頃)四四「笛をえならず吹きすさびたる、哀と聞しるべき人もあらじと思ふに」

ぶん‐ち【聞知】

〙 聞いて知ること。聞き及んでいること。〔広益熟字典(1874)〕
※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「世間未だ聞知(ブンチ)せざる異事を」 〔書経‐無逸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「聞知」の解説

ぶん‐ち【聞知】

[名](スル)聞き知ること。聞き及んでいること。「当方の聞知するところではない」
[類語]承知存知ぞんち合点がてん了解了知自覚認識物分かり聞き分けわきまえわきまえる分別ふんべつ分かり分かる理解知る把握飲み込み学ぶ納得早分かり早飲み込み早合点話せる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android