コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分(か)る/解る/判る ワカル

デジタル大辞泉の解説

わか・る【分(か)る/解る/判る】

[動ラ五(四)]
意味や区別などがはっきりする。理解する。了解する。「物のよしあしが―・る」「言わんとすることはよく―・る」「訳が―・らない」
事実などがはっきりする。判明する。「身元が―・る」「答えが―・る」「持ち主の―・らない荷物」
物わかりがよく、人情・世情に通じる。「話の―・る人」
一つのものが別々になる。わかれる。
「五色の水玉数散りて、浪二つに―・りて」〈浮・伝来記・二〉
[動ラ下二]わ(分)かれる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くまる【分る】

( 動四 )
「くばる」の古形。分配する。 「分を訓みて-・りと云ふ/古事記 上訓注

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

分(か)る/解る/判るの関連キーワード取り合わせる・取り合せる生理活性物質矢野理香謂れ因縁左する世情自然科文訓注正銘古形

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android