肘折温泉(読み)ひじおりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肘折温泉
ひじおりおんせん

山形県中央部,月山北東銅山川に沿う温泉。大蔵村に属する。江戸時代から出羽三山登山口の一つとして繁栄。また永松銅山が開発された大正期にもにぎわった。泉質食塩泉泉温 42~85℃。外傷にきくといわれ,湯治客が多い。周辺は標高 400m前後の火山灰台地で,牧場に利用されている。伝統をもつ「肘折こけし」は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕肘折温泉(ひじおりおんせん)


山形県の中央部、最上(もがみ)郡大蔵(おおくら)村の銅山(どうざん)川沿いにわく国民保養温泉。西1kmの黄金(こがね)温泉、南1.2kmの石抱(いしだき)温泉を含め肘折温泉郷とよばれる。いずれも古くから知られた湯治場。湯治・釣り目的の客のほか、夏季は月山(がっさん)の登山客、冬はスキー客でにぎわう。伝統の肘折こけし山の幸が並ぶ朝市が人気。ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉。泉温86.8℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肘折温泉
ひじおりおんせん

山形県中央部、最上(もがみ)郡大蔵村(おおくらむら)にある温泉。1991年(平成3)肘折温泉郷として国民保養温泉地に指定された。月山(がっさん)を源流とする銅山川(どうざんがわ)中流に沿う。温泉の発見は古いが、開湯は室町時代以降で、江戸時代には中気、打ち身などに効く温泉として栄え、また月山の登山口にあたり、出羽(でわ)三山への行者の寄宿も多かった。泉質は塩化物泉、湯量も豊富で、朝市が開かれる県内最大の湯治場。肘折こけしの産地としても有名。付近には地蔵倉の奇勝や石抱(いしだき)温泉、黄金(こがね)温泉などがあり、地熱発電の調査も進められている。国道458号が通じ、JR奥羽本線新庄(しんじょう)駅からバス便がある。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肘折温泉の関連情報