コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肘折温泉 ひじおりおんせん

3件 の用語解説(肘折温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肘折温泉
ひじおりおんせん

山形県中央部,月山の北東,銅山川に沿う温泉。大蔵村に属する。江戸時代から出羽三山登山口の一つとして繁栄。また永松銅山が開発された大正期にもにぎわった。泉質は食塩泉。泉温 42~85℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕肘折温泉(ひじおりおんせん)


山形県の中央部、最上(もがみ)郡大蔵(おおくら)村の銅山(どうざん)川沿いにわく国民保養温泉。西1kmの黄金(こがね)温泉、南1.2kmの石抱(いしだき)温泉を含め肘折温泉郷とよばれる。いずれも古くから知られた湯治場。湯治・釣り目的の客のほか、夏季は月山(がっさん)の登山客、冬はスキー客でにぎわう。伝統の肘折こけし山の幸が並ぶ朝市が人気。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。泉温86.8℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肘折温泉
ひじおりおんせん

山形県中央部、最上(もがみ)郡大蔵(おおくら)村にある温泉。1991年(平成3)肘折温泉郷として国民保養温泉地に指定された。月山(がっさん)を源流とする銅山(どうざん)川中流に沿う。温泉の発見は古いが、開湯は室町時代以降で、江戸時代には中気、打ち身などに効く温泉として栄え、また月山の登山口にあたり、出羽(でわ)三山への行者の寄宿も多かった。泉質は塩化物泉、湯量も豊富で、朝市が開かれる県内最大の湯治場。肘折こけしの産地としても有名。付近には地蔵倉の奇勝や石抱(いしだき)温泉、黄金(こがね)温泉などがあり、地熱発電の調査も進められている。国道458号が通じ、JR奥羽本線新庄(しんじょう)駅からバス便がある。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肘折温泉の関連キーワード最上川舟唄山形県最上郡大蔵村合海山形県最上郡大蔵村赤松山形県最上郡大蔵村山形県最上郡大蔵村清水山形県最上郡最上町志茂山形県村山市中央山形県最上郡大蔵村南山山形県最上郡山形県最上郡最上町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肘折温泉の関連情報