コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肘折温泉 ひじおりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肘折温泉
ひじおりおんせん

山形県中央部,月山北東銅山川に沿う温泉。大蔵村に属する。江戸時代から出羽三山登山口の一つとして繁栄。また永松銅山が開発された大正期にもにぎわった。泉質食塩泉泉温 42~85℃。外傷にきくといわれ,湯治客が多い。周辺は標高 400m前後の火山灰台地で,牧場に利用されている。伝統をもつ「肘折こけし」は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕肘折温泉(ひじおりおんせん)


山形県の中央部、最上(もがみ)郡大蔵(おおくら)村の銅山(どうざん)川沿いにわく国民保養温泉。西1kmの黄金(こがね)温泉、南1.2kmの石抱(いしだき)温泉を含め肘折温泉郷とよばれる。いずれも古くから知られた湯治場。湯治・釣り目的の客のほか、夏季は月山(がっさん)の登山客、冬はスキー客でにぎわう。伝統の肘折こけし山の幸が並ぶ朝市が人気。ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉。泉温86.8℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肘折温泉
ひじおりおんせん

山形県中央部、最上(もがみ)郡大蔵(おおくら)村にある温泉。1991年(平成3)肘折温泉郷として国民保養温泉地に指定された。月山(がっさん)を源流とする銅山(どうざん)川中流に沿う。温泉の発見は古いが、開湯は室町時代以降で、江戸時代には中気、打ち身などに効く温泉として栄え、また月山の登山口にあたり、出羽(でわ)三山への行者の寄宿も多かった。泉質は塩化物泉、湯量も豊富で、朝市が開かれる県内最大の湯治場。肘折こけしの産地としても有名。付近には地蔵倉の奇勝や石抱(いしだき)温泉、黄金(こがね)温泉などがあり、地熱発電の調査も進められている。国道458号が通じ、JR奥羽本線新庄(しんじょう)駅からバス便がある。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肘折温泉の関連キーワード山形県最上郡大蔵村地熱(ちねつ)国民保養温泉高温岩体発電大蔵(村)高温岩体湯治場中川銅山石抱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肘折温泉の関連情報