コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能勢[町] のせ

百科事典マイペディアの解説

能勢[町]【のせ】

大阪府北部,豊能(とよの)郡の町。丹波高地南部にあたり,大部分山地。丹波グリの産地として有名。耕地面積が少なく,農業のほか林業も行われる。能勢妙見がある。98.75km2

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のせ【能勢[町]】

大阪府北西端,豊能郡の町。人口1万3876(1995)。標高500~700mの老年期の山々が起伏する老ノ坂山地の中央部にあり,町域の大部分を山林が占め,猪名川支流の谷沿いに水田が細長く点在する。江戸時代から明治・大正期にかけて能勢の三白(酒米,寒天,凍豆腐),三黒(クリ,炭,黒牛)といわれる特産物があったが,現在は大都市向けに養鶏酪農,トマトの抑制栽培などが盛んである。神山の岩坪古墳など古墳が多く,南東端の妙見山には日蓮宗能勢妙見があり,多数の参詣人でにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android