コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能勢朝次 のせあさじ

5件 の用語解説(能勢朝次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能勢朝次
のせあさじ

[生]1894.4.1. 京都
[没]1955.2.25. 京都
能楽研究家,文学博士京都大学国文科卒業。東京高等師範学校東京文理科大学東京教育大学教授を歴任,1954年奈良学芸大学学長。能楽史研究の礎を築いた。有力な資料を博引傍証して結論を導き出す堅実な篤学者で,『能楽源流考』『世阿弥十六部集評釈』『芭蕉の俳論』『能楽芸道』など多数の著書があり,『能勢朝次著作集』 (10巻,1981~ ) に収められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

能勢朝次【のせあさじ】

国文学者,楽研究家。京都府出身。本姓岩本,のち能勢氏を継ぐ。1923年京都帝大文学部卒。大学院に進み,大谷大学教授・東京教育大学教授などを歴任,1954年奈良教育大学学長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能勢朝次 のせ-あさじ

1894-1955 大正-昭和時代の国文学者,能楽研究者。
明治27年4月1日生まれ。大谷大,東京教育大などの教授を歴任。和歌,俳諧(はいかい),連歌,能楽などの研究に業績をのこした。昭和15年「能楽源流考」で学士院恩賜賞。29年奈良学芸大学長。昭和30年2月25日死去。60歳。京都出身。京都帝大卒。旧姓は岩本。著作に「世阿弥十六部集評釈」「幽玄論」「聯句と連歌」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

のせあさじ【能勢朝次】

1894‐1955(明治27‐昭和30)
国文学者。能楽研究家。京都府北桑田郡山国村生れ。岩本民三の次男で,のち能勢氏を嗣ぐ。1923年京都大学国文科を卒業,大学院に進み,翌24年大谷大学教授。京都大学講師,東京高等師範,東京文理大,東京教育大学教授等を歴任,54年奈良学芸大学学長に就任。中世・近世文学研究,とくに和歌・連歌,能楽,俳諧の研究に多くの功績を残した。なかでも《能楽源流考》は膨大な史料を駆使して多くの創見を示し,能楽史研究を飛躍させた大著として,1940年日本学士院賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能勢朝次
のせあさじ
(1894―1955)

国文学者、能楽研究家。京都府に生まれる。1923年(大正12)京都帝国大学文学科卒業。大谷(おおたに)大学、東京高等師範学校、東京文理科大学(のち東京教育大学)の教授を歴任、54年(昭和29)奈良学芸大学学長に就任。連歌(れんが)・俳諧(はいかい)などにも多くの業績を残したが、後年は能楽の研究に主力を注ぎ、主著の『能楽源流考』(1938)は40年に日本学士院恩賜賞を受賞した。ほかに『世阿弥(ぜあみ)十六部集評釈』(1940~44)などがある。[林 和利]
『『能勢朝次著作集』全10冊(1981~85・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能勢朝次の関連キーワード野上豊一郎表章小林静雄国文美山〈町〉京北〈町〉江島伊兵衛広瀬政次藤野斎祐田善雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone