腟カンジダ症(カンジダ腟炎)(読み)ちつかんじだしょうかんじだちつえん(英語表記)Vaginal Candidiasis

家庭医学館の解説

ちつかんじだしょうかんじだちつえん【腟カンジダ症(カンジダ腟炎) Vaginal Candidiasis】

[どんな病気か]
 真菌類(しんきんるい)(カンジダアルビカンスが大半)の感染によっておこる腟炎で、かゆみが強く、おりもの(帯下(たいげ))の異常を感じて病院を受診することの多い病気です。妊娠、糖尿病(「糖尿病」)、ステロイド薬服用者や、エイズなどで免疫力の低下している人に多くみられます。
 そのほか、抗生物質使用後に、菌交代現象(腟内を酸性に保っているデーデルライン桿菌(かんきん)が死滅し、別の菌にとって変わる)によって発症することもあります。また、性行為により感染する場合もあるので、性感染症の1つにあげられています。
[症状]
 外陰部(がいいんぶ)のかゆみ(掻痒感(そうようかん))と、白色のヨーグルト状のおりものが増えるのがおもな症状です。したがって、酒粕(さけかす)状のおりものが下着に付着し、外陰部から肛門(こうもん)の周囲まで強いかゆみがあり、発赤(ほっせき)(皮膚が赤くなる)や灼熱感(しゃくねつかん)がみられることが多いのです。
[検査と診断]
 婦人科受診時に、腟内の分泌物(ぶんぴつぶつ)を採取して苛性(かせい)カリ添加生理食塩水に混ぜ合わせ、顕微鏡で原因菌を検出することは比較的簡単な方法ですが、分泌物を培養(ばいよう)すれば、より確実な診断が得られます。
 そのほか、子宮がん検診の際の細胞診で見つかることもあります。
[治療]
 抗真菌薬の腟錠(ちつじょう)の腟内への挿入が、一般的な治療方法です。できるかぎり毎日挿入する腟錠と、5~7日に1度挿入する腟錠の2種類の薬剤があります。そのほか、外陰の炎症には、抗真菌薬の入った軟膏(なんこう)の塗布などを行ないます。抗真菌薬には、クロトリマゾール、イソコナゾール、ミコナゾールなどがあります。
 また、治療が困難であったり、炎症をくり返すときには、抗真菌薬の内服なども考えられますが、糖尿病のコントロールを再検討することも重要です。
 場合によっては、セックスパートナーの治療も必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android