コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腟カンジダ症 ちつカンジダしょうvaginal candidiasis

3件 の用語解説(腟カンジダ症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちつカンジダしょう【腟カンジダ症 vaginal candidiasis】

カンジダ腟炎ともいう。真菌(カビ)の一種であるカンジダの感染によっておこる腟炎であり,通常は外陰炎を併発している。白色の泥状,チーズ状の帯下を伴う激しい搔痒(そうよう)感,灼熱感,痛みが特徴的な症状である。性交,手,タオル,衣類などによって伝播するといわれているが,元来カンジダは生体内に広く常在するものであり,妊娠,糖尿病罹患,長期抗生物質投与,ピル内服などにより腟内環境がカンジダの増殖に好都合なものに変化すると,腟内に生着,発育,増殖して発症するにいたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腟カンジダ症
ちつかんじだしょう

カンジダ腟炎ともいい、真菌(カビ)の一種であるカンジダによる腟炎で、産婦人科領域における真菌症の一つ。しばしば外陰症状を伴い、外陰腟真菌症(外陰腟カンジダ症)の病態を示すことが多い。慢性化すると腟の症状が軽くなり、外陰の症状が主となってくる。性行為感染症一つとしてみられるほか、真菌の菌交代症、あるいは日和見(ひよりみ)感染によるものがある。
 症状としては、外陰掻痒(そうよう)感が強く、帯下(たいげ)感を欠くこともある。帯下(おりもの)は酒粕(さけかす)様、チーズ様で、腟トリコモナス症のように液状となることはない。妊娠、糖尿病、長期間の抗生物質剤の投与、経口避妊薬の使用などにより腟内環境がカンジダの増殖に適した状態になると発症するので、これは診断の参考になる。治療には抗真菌剤を用いる。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の腟カンジダ症の言及

【カンジダ症】より

…日常よくみられるのは口腔,腟などの粘膜や皮膚の病変で,口腔カンジダ症は鵞口瘡(がこうそう)ともいわれ,おもに新生児の口腔粘膜や舌にミルクかす状の偽膜をつくる。腟カンジダ症は,既婚女性に多く,外陰や腟の搔痒(そうよう)感と帯下がみられる。皮膚カンジダ症には次のようなものがある。…

【白帯下】より

… 病的な白帯下は,腟炎,頸管炎時などにみられる。とくに腟トリコモナス症のときには乳白色,微細泡沫状であり,また腟カンジダ症の帯下はチーズ様である。これらの感染症の治療には抗トリコモナス剤,抗真菌剤を用いる。…

※「腟カンジダ症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone