コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由花 ジユウカ

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐か〔ジイウクワ〕【自由花】

型にとらわれず、作意の赴くまま、自由に挿した生け花

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゆうか【自由花】

現代華 」に同じ。大阪の山根翠堂(1893~1966)が1922年(大正11)に、生け花を「じゆうばな」と称したことに始まる。じゆうばな。 ↔ 格花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由花
じゆうばな

大正から昭和初期にかけて、盛り花の流行の後を受けておこった近代意識に基づく創造的いけ花。広義には、伝統的な形式主義のいけ花を打破し、芸術的いけ花を追求するすべての現代いけ花の呼称として用いられる。自由花の名称がいつだれによって始められたか明らかでないが、自由花を明確な理念のもとに提唱し、近代いけ花成立の根拠をなしたのは山根翠堂(すいどう)である。彼は「天地人の定型格花全体に激しい不満」を感じ1927年(昭和2)に真生(しんせい)流を創流し自由花運動をおこし、伝統的流儀花と対決した。翠堂はいけ花を個の表現として出発させた意味で自由花の先駆をなすが、昭和前期の自由花はそうした理念よりも、近代的な花型の形成を目ざした諸家の活動が展開され、そこにモダニズムの近代花型を生むに至った。第二次世界大戦後の思想的に自由な風潮と反伝統主義のもとに前衛いけ花が台頭し、近代意識の醸成を越えて一足飛びに前衛芸術の刺激による変革がもたらされるが、それらが表現様式上の問題以上に及ばなかったのは、自由花の道が本当の近代意識の土壌を培っていなかったからだといえる。そのなかで勅使河原蒼風(てしがわらそうふう)の造形的追求は、自由花に一つの帰結を与えるものであった。蒼風は伝統的表現に抵抗し、色、形、マッスといった造形表現の特性を支える諸要素をもって花材をとらえていけ花を構成するところに、近代いけ花の成立を図った。今日の自由花の典型は彼に求めることができるといえよう。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自由花の言及

【いけばな】より

…安達潮花はこれを当初飾花(かざりばな)とも呼んだが,当時のブルジョア層の応接間という新しい室内空間に機能するものとして発展していった。こうした新しい形式の盛花の出現に刺激されて,西川一草亭に代表される文人花の長所に注目し,形よりも理念を先行させたいけばなを目ざして山根翠堂たちによる自由花の運動がはじめられた。明治の修養主義から大正の教養主義の時代へと,いけばなの自由花もまた人間の教義としてのいけばなを問い,その確立を志した。…

※「自由花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由花の関連キーワードコンポート(果物皿)生け花・活花・挿花山根 翠堂小原 光雲小原雲心龍生派投入れ宏道流専慶流応用花現代華格花花留生花盛花花器

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由花の関連情報