船津伝次平(ふなつでんじへい)(読み)ふなつでんじへい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船津伝次平(ふなつでんじへい)
ふなつでんじへい
(1832―1898)

明治期の篤農家、農業技術者。上野(こうずけ)国勢多(せた)郡原之郷(はらのごう)村(群馬県前橋市)の生まれ。家は中流農家で、幼時から農桑業に従うとともに和算・暦学を学んだ。1857年(安政4)家を継ぎ、翌年名主、明治に入って大総代を務めた。1877年(明治10)大久保利通(としみち)の知遇を得、内務省御用掛となり、駒場(こまば)農学校、農商務省樹芸課、蚕業課に勤務、のち1893年国立農事試験場(東京西ヶ原)の技手となる。この間1885年農事巡回教師に任ぜられ全国を巡って農事指導を行った。彼は大農技術に反対して小農技術をもっぱらにした。七五調の「ちょぼくれ節」をつくり、農民にわかりやすく技術を説いた。著書・稿本は多く、『桑苗簾伏法』『太陽暦耕作一覧』『養蚕問答』『稲作小言』『選種法』など多岐にわたる。

[福島要一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android