コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良円 りょうえん

朝日日本歴史人物事典の解説

良円

生年:生没年不詳
鎌倉後期の女性。石見国(島根県)の在地領主永安兼祐の妻。夫から一期分として永安別符,益田荘内小弥富,寸津などを得て知行し,それを娘孫夜叉に譲り,延慶1(1308)年,関東安堵の外題を得た。また夫の死後に生まれた兼員には,親権に基づき自身の意志で所領を譲与している。<参考文献>『吉川家文書

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

良円の関連キーワード良円(2)鎌倉彫刻大日如来4月8日行意慶意運慶

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良円の関連情報