コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花岡山 はなおかやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花岡山
はなおかやま

熊本県中部,熊本市の南西部にある孤立丘。標高 133m。金峰山外輪山の裾野が断層によって切られた部分にあたり,かなり風化の進んだ輝石安山岩から成る。熊本市の中心市街地を見おろす絶好の展望台で,桜の名所。 1876年熊本洋学校教師の L.ジェーンズに導かれた生徒ら 35人がキリスト教布教を誓って結成した,熊本バンド発祥地として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花岡山
はなおかやま

熊本市域のほぼ中央に位置する標高133メートルの安山岩質集塊岩からなる孤立丘陵。朝日山あるいは祇園(ぎおん)山とも称し、かつては南西の万日(まんにち)山(130メートル)、独鈷(どっこ)山(115メートル)などとともに金峰(きんぽう)山外輪山の南東末端部を形成。山頂には979年(天元2)鎮座の由来をもつ祇園社(現、北岡神社)があり、山麓(ろく)には細川家の菩提(ぼだい)寺妙解(みょうげ)寺跡(現、北岡自然公園)がある。1869年(明治2)勤王の志士を祀(まつ)る招魂祠(し)(現在は熊本城内の護国神社へ移祀(いし))を建立、桜樹が植えられて現称となる。西南戦争では、薩(さつ)軍の熊本城砲撃の陣地となる。その後、花岡山官軍墓地(神風連(しんぷうれん)の乱、西南戦争、日清(にっしん)・日露戦争で倒れた県官・将兵を葬る)も設けられた。山頂、山腹には、1954年(昭和29)インドのネルー首相から贈られた仏舎利を納めた仏舎利塔、熊本洋学校のクリスチャン生徒による「キリスト教を以(も)って祖国を救う」ことを意図した奉教趣旨書署名90年を記念した熊本バンド奉教碑、殉教切支丹(キリシタン)加賀山マリアの墓などもある。熊本市の玄関口、熊本駅に近接していることもあって、四季を通じて来訪者が多い。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花岡山の関連キーワード昼飯大塚古墳宮川 経輝海老名弾正藤井 日達徳富蘇峰横井時雄宮川経輝

花岡山の関連情報