コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花岡山 はなおかやま

2件 の用語解説(花岡山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花岡山
はなおかやま

熊本県中部,熊本市の南西部にある孤立丘。標高 133m。金峰山外輪山の裾野が断層によって切られた部分にあたり,かなり風化の進んだ輝石安山岩から成る。熊本市の中心市街地を見おろす絶好の展望台で,桜の名所。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花岡山
はなおかやま

熊本市域のほぼ中央に位置する標高133メートルの安山岩質集塊岩からなる孤立丘陵。朝日山あるいは祇園(ぎおん)山とも称し、かつては南西の万日(まんにち)山(130メートル)、独鈷(どっこ)山(115メートル)などとともに金峰(きんぽう)山外輪山の南東末端部を形成。山頂には979年(天元2)鎮座の由来をもつ祇園社(現、北岡神社)があり、山麓(ろく)には細川家の菩提(ぼだい)寺妙解(みょうげ)寺跡(現、北岡自然公園)がある。1869年(明治2)勤王の志士を祀(まつ)る招魂祠(し)(現在は熊本城内の護国神社へ移祀(いし))を建立、桜樹が植えられて現称となる。西南戦争では、薩(さつ)軍の熊本城砲撃の陣地となる。その後、花岡山官軍墓地(神風連(しんぷうれん)の乱、西南戦争、日清(にっしん)・日露戦争で倒れた県官・将兵を葬る)も設けられた。山頂、山腹には、1954年(昭和29)インドのネルー首相から贈られた仏舎利を納めた仏舎利塔、熊本洋学校のクリスチャン生徒による「キリスト教を以(も)って祖国を救う」ことを意図した奉教趣旨書署名90年を記念した熊本バンド奉教碑、殉教切支丹(キリシタン)加賀山マリアの墓などもある。熊本市の玄関口、熊本駅に近接していることもあって、四季を通じて来訪者が多い。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花岡山の関連キーワード熊本県熊本市中央区江津熊本県熊本市東区健軍富合〈町〉熊本県熊本市中央区二の丸熊本県熊本市東区沼山津熊本県熊本市中央区古京町熊本県上益城郡益城町熊本県熊本市北区貢町熊本県熊本市中央区宮内熊本県熊本市中央区横手

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花岡山の関連情報