コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花式図 かしきずfloral diagram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花式図
かしきず
floral diagram

花を構成している花葉の配列関係を図式的に表わしたもの。同心円をつくり,同じ輪上にある花葉を同一の円上に並べ,各輪上のものの相互の位置関係を示す。退化したものは×印で示し,花被は白または黒弧線,萼片を黒弧線,花弁を白弧線,おしべや心皮はその実際の断面を模した形で表わす。ただし,花全体がどの程度の大きさかは,花式図では示されない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かしき‐ず〔クワシキヅ〕【花式図】

花を構成する要素の種類・数・配置などを、上から投影して描いた模式図。花図式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

花式図【かしきず】

花の各部分の数と相互位置,およびそれらと茎との位置関係を図示したもの。花の横断面で示され,外より内に向かって同心円状に,苞(ほう),萼(がく),花弁,おしべ,めしべ子房の横断で心皮,胚珠胎座の位置をも示す)の順で描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしきず【花式図 floral diagram】

花の構成を簡明に表現した模式図。一つの花をその軸に対し直角に切り,水平に投影し,萼(がく),花冠,おしべ,めしべなどの花葉と苞や小苞などの苞葉を含め,その数やならび方を,同心円状に図示してつくる。苞葉や萼片,花弁は弧で表現し,おしべは(やく),まためしべは子房の横断面に模した図形で示す。さらに花をつける枝(花柄)とその枝を抱く苞や小苞の位置も合わせて図示するが,チューリップのように一つの花が軸の先端に頂生するものはその必要がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かしきず【花式図】

花の横断面をもとに、花を構成する萼・花冠・雄しべ・雌しべの数・位置関係を模式的に描いた図。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花式図の関連キーワード萼片・蕚片雄しべ雌しべ花柱柱頭

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android