コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥浜貝塚 とりはまかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥浜貝塚
とりはまかいづか

福井県南西部,三方五湖の一つ三方湖に注ぐはす川と高瀬川の合流点付近河床下に所在する低湿地貝塚若狭町に属する。縄文時代前期に形成された淡水産貝層と植物性遺物層の互層を主体とし,さらに下位には縄文草創期~早期の遺物包含層が存在する。 1961年の発見以来3次の調査を経て,1975年の河川改修に際し福井県教育委員会による4次調査が開始,以後 1985年まで 10次にわたり調査された。遺跡西方の椎山丘陵裾の旧湖畔が集落跡と推定され,縄文前期の竪穴式住居跡,ドングリ貯蔵ピット,礫穴土壙 (どこう) 炉等が少数検出された。生活のかすは集落南方の旧湖水中に投棄されて包含層を形成,多量の土器,石器,骨角器のほか,特に植物性遺物の保存が良好で,漆器類,石斧 (せきふ) 柄,弓,丸木舟,櫂 (かい) ,編物,縄等,動物遺体では各種獣骨,鳥骨,魚骨,昆虫等が出土糞石 (コプロライト) も多数発見されている。植物遺体ではクリ,クルミ,ヤシの実などのほか,ヒョウタン,リョクトウ,シソ,エゴマ,ゴボウ等の渡来栽培植物も出土した。これらの豊富な遺物により,縄文早期~前期における高度な技術,生活水準の到達点が明らかになった。出土遺物は県立若狭歴史民俗資料館に展示。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

鳥浜貝塚

福井県若狭町にあり、1961年以来の調査で分かった1万〜5500年前(縄文時代草創期〜前期)の低湿地の集落遺跡。朱漆塗りのクシや植物遺物など約20万点が出土、縄文のタイムカプセルとも呼ばれた。豊かな定住生活を想像させた初の遺跡。ヒョウタン、シソなどの栽培植物と木の実、獣・魚骨、真珠などの装飾品、丸木舟、住居跡、道具類も出土。2000年4月に縄文博物館が開設された。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

鳥浜貝塚【とりはまかいづか】

福井県三方町(現・若狭町)の縄文時代草創期から前期を主体とする貝塚。低湿地であるために有機質遺物の保存が良好で,多数の木製品,漆製品,繊維製品や動植物遺体が出土した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とりはまかいづか【鳥浜貝塚】

福井県三方(みかた)郡三方町鳥浜字高瀬にある縄文時代草創期~前期の低湿地遺跡。三方湖の南約1km,鰣(はす)川と高瀬川の合流点河床下およびその周囲に広がっている。縄文時代には三方湖に面した微高地であった。1961年の遺跡発見以後,同志社大学,福井県教育委員会などが発掘調査をおこなった。縄文時代の遺物包含層は厚さ3m以上あり,最下層は海面下3mに達する。下から順番に,草創期の爪形文土器・多縄文土器,早期の押型文土器,前期の諸型式と堆積しており,西日本の最も重要な層位遺跡である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とりはまかいづか【鳥浜貝塚】

福井県三方上中郡若狭町鳥浜にある縄文前期の貝塚。湖岸の低湿地につくられ、早期・前期の土器、丸木舟、漆塗り製品、編物が出土。栽培種のヒョウタン・緑豆が発見され、縄文農耕の証拠となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

とりはまかいづか【鳥浜貝塚】


福井県三方上中(みかたかみなか)郡若狭(わかさ)町鳥浜にある貝塚。三方湖に注ぐ鰣川(はすがわ)と高瀬川の合流点付近の低湿地帯に所在する。貝塚は地下3m(海抜0m)から7m(同マイナス4m)のところにあり、当時は貝塚の周辺にまで湖が迫り、北側の丘陵が岬のように湖に突き出し、その丘陵先端の南側斜面に居住する人々がゴミを湖中に捨てたものと推定されている。1962年(昭和37)以来の発掘調査により、土器や石器のほか、赤漆塗りの櫛をはじめとする漆製品、石斧(せきふ)の柄、しゃもじ状の木製品、編み物、縄、栽培されていた可能性のあるヒョウタン・エゴマなどの植物遺体、長さ約6mの丸木舟などが出土し、縄文時代草創期から前期にかけての貝塚と確認された。腐食して残りにくい遺物が、水漬けの状態で良好に保存されていたところから、「縄文のタイムカプセル」とも呼ばれており、遺物1376点は鳥浜貝塚出土品として重要文化財に指定された。その後、三内丸山(さんないまるやま)遺跡(青森県)などで漆塗り製品が発見されることになるが、1972年(昭和47)に赤漆塗り櫛が出土したときは、縄文時代にこれほどの技術が存在していたことが学会に驚きを与えた。JR小浜線三方駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥浜貝塚
とりはまかいづか

福井県三方上中(みかたかみなか)郡若狭(わかさ)町鳥浜にある縄文時代前期から草創期にかけての貝層を伴う低湿地遺跡。1962年(昭和37)から10年間にわたり、若狭考古学研究会のメンバーを中心に発掘が行われ、多大の成果を収めた。また、自然科学の各分野の研究者が参加協力し、共同研究の実をあげた。遺跡は、三方湖に注ぐ(はす)川とその支流の高瀬川の合流点付近にあり、標高0メートルからマイナス2.5メートルの深さに包含層をもつ。貝層は前期に限られ、草創期のものはみられない。丸木舟、櫂(かい)、石斧(せきふ)柄、丸木弓、鉢、椀(わん)など、各種の多量の木製品が出土した。また、製作工程を示す加工材も豊富で、この時代の木工技術を知ることができる。木製容器や櫛(くし)などには朱や黒の漆(うるし)が塗られ、すでに漆技術の普及していたことがわかる。クリ、どんぐり、クルミなどとともに、ヒョウタン、緑豆(りょくとう)、ウリなどの「栽培植物」の種子が発見されており、縄文時代人の生業を知るうえで重要な資料となっている。[岡本 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥浜貝塚の言及

【ウリ(瓜)】より


[ウリ類の利用の歴史]
 野菜や果物,生活用具として広がったウリ類の利用の歴史は,栽培植物の中で最も古いものの一つである。ヒョウタンの遺体は,南アメリカのペルーでは前1万3000‐前1万1000年,タイでは前1万‐前6000年,エジプトでは前3500‐前3300年の遺跡から,そして日本でも前8000‐前7500年の縄文早期の鳥浜貝塚などの遺跡から発掘され,アフリカ原産と推定されるこの植物が古くから新旧両大陸で利用のあったことが確認できる。食用とされるマクワウリは原産地から離れた日本でも,水田農耕開始とほぼ同じ時期,前200‐前100年の弥生前期の遺跡から種子が発掘されている。…

【ウルシ(漆)】より

…その後,中国の農書には漆について記述しているものが多く,たとえば元の王禎の《農書》は漆はほうぼうにあるが,梁(河南)・蜀(四川)のものがよく,春分前後に移栽し,木がのびたら6~7月に皮を切って漆液をとるとし,また漆は〈成り易(やす)く,利博(ひろ)し〉とし,有利な経済作物であることを述べている。【佐藤 武敏】
【日本における利用】
 日本では縄文前期の鳥浜貝塚から漆塗櫛・容器が出土し,漆の利用が古いことを示している。伝説では《色葉字類抄》に倭武皇子(やまとたけるのみこ)が阿貴山で漆樹で指を染めたのでその汁を塗らせ,漆部官を任じたとある。…

【園芸】より


[日本]
 縄文時代に日本自生植物の栽培化が行われていたかどうかは定かでない。日本園芸の発祥は,現時点では福井県鳥浜貝塚から出土した縄文前期のヒョウタンとリョクトウである。《古事記》には70種あまりの植物名があがるが,1/4は外来植物であり,園芸植物にはアオナ(カブラ),ウリ,オオネ(ダイコン),カミラ(ニラ),ハジカミ(ショウガ),タチバナ,ハスなどがある。…

【化粧】より

…明治以降は〈けはひ〉は〈美容〉に取って代わられ,懐旧的な表現や気取った表現をする場合に限り〈けしよう〉と区別して使われるようになった。 人類の化粧の起源は旧石器時代にさかのぼるといわれているが,日本でも縄文時代前期の福井県鳥浜貝塚から赤色漆塗りの木櫛(きぐし)が出土しており,当時すでに髪を梳(す)くという広義の化粧が行われていたことが確認されている。また《魏志倭人伝》には〈男子は大小と無く,皆黥面(げいめん)文身す〉〈朱丹を以って其の身体に塗る,中国の粉を用うるが如きなり〉〈女王を去る四千余里,又裸国,黒歯国有り〉などとあり,弥生時代に呪術や部族の識別,階層の表示などと関連した原初的な化粧が行われていたことを物語っている。…

※「鳥浜貝塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥浜貝塚の関連キーワード福井県立若狭歴史民俗資料館福井県三方上中郡若狭町鳥浜若狭三方縄文博物館三方(旧町名)泥炭層遺跡若狭(町)タブノキ縄文農耕マタタビ丸木弓マユミヤナギ編むマツ林業カシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥浜貝塚の関連情報