草臥れ儲け(読み)クタビレモウケ

デジタル大辞泉 「草臥れ儲け」の意味・読み・例文・類語

くたびれ‐もうけ〔‐まうけ〕【草臥れ×儲け】

いくら努力しても、くたびれるだけでなんの効果もないこと。「骨折り損草臥れ儲け
[類語]駄目おじゃん台無しふい無駄空中分解挫折おしまいわやパンクぼつ余計余分蛇足だそく不必要不要不用無用無益あだいたずら徒労不毛無駄足無駄骨無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無くもがなあらずもがな無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android