コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無駄骨折り/徒骨折り ムダボネオリ

2件 の用語解説(無駄骨折り/徒骨折りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むだ‐ぼねおり〔‐ぼねをり〕【無駄骨折り/徒骨折り】

苦労したことがなんの役にも立たないこと。徒労。骨折り損。むだぼね。「長年の辛苦も―だった」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むだぼねおり【無駄骨折り】

( 名 ) スル
無駄な骨折り。むだ骨。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無駄骨折り/徒骨折りの関連キーワード一年麦糞の役にも立たぬごくに立たず娑婆塞ぎ糸瓜野郎屁の突っ張りにもならない用無し老朽蝉噪蛙鳴無駄足