不要(読み)フヨウ

  • いらぬ
  • ふよう ‥エウ
  • ふよう〔エウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]必要でないこと。また、そのさま。不用。「不要な(の)出費を減らす」「暴風雨の中不要不急の外出は避けてください」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 (動詞「いる(要)」に打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」の付いたもの。連体詞のように用いられる) 不必要な。よけいな。無益な。いらざる。いらない。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「これはここにはいらぬ事なれども、雅番の事をついでにたたすぞ」
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「此母が年甲斐もなく親だてらにいらぬお世話を焼いて、取返しのつかぬことをして了った」
〘名〙 (形動) 必要がないこと。いらないこと。また、そのさま。不用。
※正法眼蔵(1231‐53)仏教「三乗十二分教を不要なるところに」
※作戦要務令(1939)一「不要に帰したる施設は適時之を撤収すること必要なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不要の関連情報