無駄(読み)ムダ

デジタル大辞泉 「無駄」の意味・読み・例文・類語

むだ【無駄/徒】

[名・形動]
役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。また、そのさま。無益。「―な金を使う」「時間を―にする」
むだぐち」に同じ。
「しゃれも―もいっかう言はず」〈滑・膝栗毛・初〉
[補説]「無駄」は当て字
[類語]駄目台無しふいおじゃん空中分解挫折くたびれもうけおしまいわやパンクぼつ余計余分蛇足だそく不必要不要不用無用無益あだいたずら徒労不毛無駄足無駄骨無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無くもがなあらずもがな無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「無駄」の意味・読み・例文・類語

むだ【無駄・徒】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「むな(空)」の変化とも、擬態語からともいうが未詳。「無駄」はあて字 )
  2. ( 形動 ) 行なっただけの効果がないこと。役にたたないこと。また、そのようなことやそのさま。無益。
    1. [初出の実例]「むだともよむぞむだはむなしい心ぞいたづらの心ぞ」(出典:玉塵抄(1563)二三)
    2. 「相惚は徒に焼さへ連理香」(出典:俳諧・一息(1693か))
  3. 無用の言辞。無益なおしゃべり。むだ口。
    1. [初出の実例]「直(ぐい)の随の無多(ムダ)のと物の名も処によりて替りけり」(出典洒落本・無量談(1771))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android