無益(読み)むやく

精選版 日本国語大辞典「無益」の解説

む‐やく【無益】

〘名〙 (形動) (「やく」は「益」の呉音)
※江談抄(1111頃)二「是討論以益也云々」
※高野本平家(13C前)二「此謀反〈略〉無益(ムヤク)なりと思ふ心つきにけり」
② いまいましいこと。癪(しゃく)にさわること。また、そのさま。
※浄瑠璃・烏帽子折(1690頃)一「長田を討ずして逃げ来たる卑怯者、詞をかくるもむやく也と見ぬ顔して」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四三「口も碌(ろく)にはきかぬ男の腹の中(うち)無益(ムヤク)にむづかしく」

む‐えき【無益】

〘名〙 (形動)(「えき」は「益」の漢音) 利益のないこと。役に立たないこと。また、そのさま。むだ。むやく。
※談義本・教訓乗合船(1771)二「およばぬ事をのみ、願ふ故に、無益(ムヱキ)に神心(しんしん)を労し」 〔書経‐旅獒〕

むやく‐し・い【無益】

〘形口〙 むやくし 〘形シク〙 くやしい。癪(しゃく)にさわる。腹が立つ。
※評判記・難波物語(1655)「大かたのむやくしき事をも、かんにん有よしなり」
むやくし‐さ
〘名〙

むやく‐し【無益】

〘形シク〙 ⇒むやくしい(無益)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無益」の解説

む‐えき【無益】

[名・形動]利益のないこと。むだなこと。また、そのさま。むやく。「無益殺生せっしょう」「無益な争いはやめよう」⇔有益
[類語]無用無効駄目余計余分蛇足だそく不必要不要不用無駄むだ無くもがなあらずもがな台無しふいおじゃん空中分解挫折くたびれもうけおしまいわやパンクぼつあだいたずら徒労不毛無駄足無駄骨無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡

む‐やく【無益】

[名・形動]むえき(無益)」に同じ。
「取次いでも―なれば」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android