無益(読み)ムエキ

  • むやく
  • むやくし
  • むやくし・い

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)(「えき」は「益」の漢音) 利益のないこと。役に立たないこと。また、そのさま。むだ。むやく。
※談義本・教訓乗合船(1771)二「およばぬ事をのみ、願ふ故に、無益(ムヱキ)に神心(しんしん)を労し」 〔書経‐旅獒〕
〘名〙 (形動) (「やく」は「益」の呉音)
※江談抄(1111頃)二「是討論以無益也云々」
※高野本平家(13C前)二「此謀反〈略〉無益(ムヤク)なりと思ふ心つきにけり」
② いまいましいこと。癪(しゃく)にさわること。また、そのさま。
※浄瑠璃・烏帽子折(1690頃)一「長田を討ずして逃げ来たる卑怯者、詞をかくるもむやく也と見ぬ顔して」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四三「口も碌(ろく)にはきかぬ男の腹の中(うち)無益(ムヤク)にむづかしく」
〘形口〙 むやくし 〘形シク〙 くやしい。癪(しゃく)にさわる。腹が立つ。
※評判記・難波物語(1655)「大かたのむやくしき事をも、かんにん有よしなり」
むやくし‐さ
〘名〙
〘形シク〙 ⇒むやくしい(無益)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無益の関連情報