コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無益 ムエキ

デジタル大辞泉の解説

む‐えき【無益】

[名・形動]利益のないこと。むだなこと。また、そのさま。むやく。「無益な殺生(せっしょう)」「無益な争いはやめよう」⇔有益

む‐やく【無益】

[名・形動]むえき(無益)」に同じ。
「取次いでも―なれば」〈露伴五重塔

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むえき【無益】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
利益にならないこと。無駄なこと。また、そのさま。むやく。 ↔ 有益 「 -な争い」 「 -な殺生」
[派生] -さ ( 名 )

むやく【無益】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
むえき(無益) 」に同じ。 「 -な叩頭おじぎの一つも為ねばならぬ/いさなとり 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無益の関連キーワード竹藪に矢を射るよう痴人の前に夢を説く楽屋で声を嗄らす糞の役にも立たぬ暴を以て暴に易う無駄死に・徒死に争い木登り川渡り無駄飯を食う空転サイクル無駄口・徒口郷原は徳の賊無駄腹・徒腹命を棒に振る無駄事・徒事あずきなし益体も無い暗闇の頰冠月夜に提灯暗闇の頬冠無駄死に

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無益の関連情報