コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩野由之 はぎの よしゆき

5件 の用語解説(萩野由之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

萩野由之

国文学者。佐渡相川生。東大教授。帝国学士院会員。著書多数。大正13年(1924)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はぎの‐よしゆき【萩野由之】

[1860~1924]国史・国文学者。佐渡の生まれ。東大教授。和歌文学の近代化を目ざし、和歌改良論を唱えた。著「日本史講話」「日本制度通」「国学和歌改良論」(共著)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩野由之 はぎの-よしゆき

1860-1924 明治-大正時代の国文学者,日本史学者。
万延元年4月17日生まれ。学習院教授をへて,明治34年東京帝大教授。和歌改良論をとなえ,多数の古典文学の注釈書をあらわす。古代史,維新史に精通した。大正13年2月1日死去。65歳。佐渡(新潟県)出身。帝国大学卒。著作に「国学和歌改良論」(共著),「日本史講話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はぎのよしゆき【萩野由之】

1860‐1924(万延1‐大正13)
歴史学者。佐渡国生れ。1886年東京大学卒業後,学習院,東京高師各教授などを経て1901年東京帝国大学教授に就任(1923年まで在職)。古代法制の研究とともに,平安~戦国時代の古典文学の研究で知られ,とくに《神皇正統記》《大鏡》《増鏡》などの史書の解説や校定に大きな足跡を残した。晩年には維新史に力を注ぎ,《徳川慶喜公伝》(全8冊,1917)を監修し,《王政復古の歴史》(1918)などを著した。【阿部 恒久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩野由之
はぎのよしゆき
(1860―1924)

国史・国文学者。佐渡国(新潟県)生まれ。東京大学古典科卒業。文学博士。東京帝大教授。1887年(明治20)小中村(池辺)義象(よしかた)との共著『国学和歌改良論』を刊行、和歌改良の具体案を示し、また89年4月『経世評論』に「和歌を論ず」を発表、新体詩より優位性をもつ和歌文学の改良を論じ、明治初期の和歌改良論の口火を切る。1916年(大正5)帝国学士院会員。『日本史講話』ほか多数の史学の書、『方丈記』の注釈などの著がある。[藤岡武雄]
『小泉苳三著『明治歌論資料集成』(1940・立命館大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩野由之の関連キーワード勘解由小路資承天真慈教北陸新幹線新大判新小判万延金子吉祇三遊亭円右(初代)牟田万次郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone