コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕨[市] わらび

百科事典マイペディアの解説

蕨[市]【わらび】

埼玉県南東部の市。1959年市制。荒川北岸の沖積低地を占める。全国一面積の小さな市で,人口密度も東京23区の平均よりも高い。中心市街は近世中山道宿場町で,1893年東北本線蕨駅の開設以来,東京都の近郊地として発展。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わらび【蕨[市]】

埼玉県南部の市。1959年市制。人口7万2021(1995)。市域は荒川左岸の低湿地にあり,面積は5.09km2で全国最小の市である。戦国時代に渋川氏の蕨城があったが,江戸時代には荒川の戸田の渡しをひかえた中山道の宿駅として,また近郊の綿織物集散地として栄えた。綿織物は文政年間(1818‐30)に塚越村を中心に始められ,同村の糸商2代高橋新五郎が発展に尽力,1837年(天保8)に織機102台,43年には生産量8万反余に達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

蕨[市]の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android