コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯藩 さえきはん

3件 の用語解説(佐伯藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐伯藩
さえきはん

江戸時代,豊後国 (大分県) 海部郡におかれた藩。慶長6 (1601) 年同国隈府より毛利高政2万石が転入したのに始る。毛利高政は,初め森高政といって豊臣秀吉に仕えていたが,備中高松城攻撃の際,秀吉と毛利氏の和議により,高政は毛利氏へ人質となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さいきはん【佐伯藩】

江戸時代豊後(ぶんご)国海部(あまべ)郡佐伯(現、大分県佐伯市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は四教堂(しこうどう)。1601年(慶長(けいちょう)6)、毛利高政(もうりたかまさ)が2万石で入封(にゅうほう)して立藩。高政は佐伯城を築き、城下町を建設。毛利氏の支配は以後、明治維新まで12代続いた。8代藩主の高標(たかすえ)は藩財政の再建に尽力したほか、1777年(安永6)に藩校の四教堂を創設、81年(天明(てんめい)1)には約8万冊にのぼる「佐伯文庫」を開設した。豊後水道に臨むリアス式の漁場を持ち、干鰯(ほしか)や因尾(いんび)茶・シイタケなどが特産品。1871年(明治4)の廃藩置県により、佐伯県を経て大分県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐伯藩
さいきはん

豊後(ぶんご)国(大分県)海部(あまべ)郡地方を領有した藩。外様(とざま)。1601年(慶長6)毛利高政(もうりたかまさ)が日田(ひた)郡隈(くま)城(日田市)より転封して成立。朱印高は2万石。塩屋村八幡山(はちまんやま)(佐伯市)に佐伯城(鶴屋(つるや)城)を築き、城下町を開いた。藩主は高政のあと高成(たかなり)、高尚(たかなお)、高重、高久、高慶(たかよし)、高丘(たかおか)、高標(たかすえ)、高誠(たかのぶ)、高翰(たかなか)、高泰(たかやす)、高謙(たかかた)の12代を経て幕末に至る。入部と同時に高政の弟吉安(よしやす)に2000石が分与されるが、1633年(寛永10)に家督争いの結果、幕府に返上され、以後幕府領となる。この公領は、1668年(寛文8)から1783年(天明3)の間の日田代官支配期間を除き、佐伯藩預りとなっている。産業面では、長い海岸線をもつ地形の特色から漁業が盛んで、とくに佐伯干鰯(ほしか)は、大和(やまと)、河内(かわち)、摂津などの畿内(きない)綿作(わたさく)地帯で名声を保持していた。ほかに、山間部での紙、炭、樵木(こりき)、茶などの特産品があった。文化面では、8代藩主高標のとき、藩校四教(しこう)堂が創立され、また約8万巻の書籍が収集され、「佐伯文庫」と称した。この文庫のうち2万冊余は、高翰のとき幕府に献上された。1871年(明治4)廃藩、佐伯県を経て大分県に編入。[豊田寛三]
『『大分県史 近世』(1983・大分県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐伯藩の関連キーワード海部・海人部豊後豊後表山部豊後風土記海部男種麻呂海部金麿岸沢三五郎出納藤左衛門平山豊後

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐伯藩の関連情報