藪内紹智(初代)(読み)やぶのうち じょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藪内紹智(初代)」の解説

藪内紹智(初代) やぶのうち-じょうち

1536-1627 織豊-江戸時代前期の茶人。
天文(てんぶん)5年生まれ。藪内流の。藪内宗把(そうは)(宗巴)の養子武野紹鴎(じょうおう)にまなぶ。千利休と親交があり,春屋(しゅんおく)宗園から剣仲の道号をうけた。妻の兄古田織部から茶室燕庵(えんあん)をゆずられた。寛永4年5月7日死去。92歳。名は宗胤。別号に藪中(そうちゅう)斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android