藪内紹智(13代)(読み)やぶのうち じょうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藪内紹智(13代)」の解説

藪内紹智(13代) やぶのうち-じょうち

1936- 昭和後期-平成時代の茶道家。
昭和11年9月7日生まれ。藪内流12代紹智の長男。昭和54年藪内流13代家元をつぐ。63年から平成元年にかけてアメリカのワシントンの茶道美術展に茶席をもうけ,茶道の普及につとめた。藪内燕庵理事長。27年3代家元の座を長男・紹由にゆずり,隠居名の穆室(ぼくしつ)を名乗る。京都府出身。同志社大卒。本名は尚弥(ひさや)。号は青々斎,竹中

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android